teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:つばき  投稿日:2018年 6月17日(日)21時50分12秒
  おばちゃんで無くて「おばあちゃん」です(^_-)-☆
心だけは自由で豊かでありたいと、おもいます。

この一年は亡き夫の歌ばかり詠んでいました。もう終わりにします。

(君の手も香ほりも全て置いて逝く さらばうつしみ時は満ち来る)

   こんな感じで別れました。有り難うございました。


 
 
 

秘めた情熱の持ち主さんへ

 投稿者:暇人a  投稿日:2018年 6月17日(日)14時00分26秒
  この場に載せたバラの写真に「与謝野晶子擬き」さんが
短歌を寄せて頂きました。
 その写真に短歌を書き込み、飲み仲間(会社OB)にメールで
配信したところ好評で、さる大病院の前院長先生から感想を
頂戴しました:
 ・「この方は今でも秘めた情熱をお持ちなのでしょうね?」、
 ・「与謝野晶子を連想しました」、と。

 詠み人は「檀特会」という山仲間内で、歌の好きなおばちゃん
です、と紹介したのに。(晶子擬きさん、「おばちゃん」と
紹介したこと、お許しを!)

 

梅雨

 投稿者:つばき  投稿日:2018年 6月17日(日)10時34分19秒
編集済
  あじさいの青は日ごとに深くなり
 君遠ざかる過ぎしひととせ(一年)


雨にぬれ菖蒲に浮かぶ大正の
 夢二が描くおみな(女人)の姿
 

那岐山に

 投稿者:権兵衛  投稿日:2018年 6月10日(日)18時52分26秒
  前日の雨で危ぶまれたのですが晴れ予想でGO!お目当てのサラサドウダン
も咲き残っていてくれまだまだ見ごろでした。
でも那岐山山頂はガスで展望なし、気温は14度、風もあり寒かったです。

画像は那岐山三角点山頂とサラサドウダン、ヤマツツジです。

http://gonbee165.blog.fc2.com

 

初夏の野の花

 投稿者:早朝組員a  投稿日:2018年 6月 5日(火)10時41分58秒
編集済
   下大田口の斜面に咲くテルハノイバラ。目立たず、
ひっそりと咲いています。(今朝、撮りました)
・「他の色をこばむ」白さ。野ばらの美しさです。
・こんな花も。同じ種類だと思うが・・・?。
・と、こんなのが。
 おしべの違いが何なのか?、分かりません。
 

感想です

 投稿者:与謝野晶子擬き  投稿日:2018年 5月31日(木)23時16分16秒
編集済
  うたかたの夢と散りしか今生の
  火宅も情もまぼろしの如

ふるさとは緑滴るなかにあり
  母の眠れる天空の里

”先日山友だったK氏の悲報を聞きました。
 ご冥福をお祈りします。お元気だった頃を
思い出しています。寂しいです。 
 

「歌」を写す

 投稿者:暇人a  投稿日:2018年 5月31日(木)13時46分43秒
  写真を見て“檀特会の晶子”さんにその印象を
短歌に読んでいただきました。
 今度は、僕の好きな歌をイメージして写した
写真を紹介します、時節が違いますが。
(拡大しないと見づらいかも知れません) 
 

:暇人a 様

 投稿者:与謝野晶子擬き  投稿日:2018年 5月27日(日)19時02分1秒
編集済
  本日 福田運送から 宅急便が届きました

美しい写真を 有り難うございました。大切にします

 

(無題)

 投稿者:与謝野晶子擬き  投稿日:2018年 5月26日(土)18時51分53秒
  歌人などとんでもございません。下手の横好きです。
心に響くものがあるとすれば、きっと写真を見たからです

赤と白のバラ、美しい女人の対比を考えました。
短歌は日本で一番短い叙情詩と言われています。そこから限界まで
言葉を削ぎ落し31文字に心を詠みます。
詩情がない一首は認めらないのです。短歌の技法に直喩、比喩があります。
私は比喩を選択しています。表現するのに別の自分、になれるからです。

ステキな写真を見せて頂き、こちらこそありがとうございました。
次も期待しています拙歌に感想頂き有り難うございました。
 

”晶子さん”の歌

 投稿者:暇人a  投稿日:2018年 5月25日(金)09時49分51秒
編集済
   二首とも読みながら「ドキッ!」とした。
①.赤いバラを詠んだ歌・・・の「赤いピンヒール」。鋭い、
これを見出す詠み人に脱帽!
②.ヴィーナスの誕生に因む白いバラを詠んだ歌・・・の
 「他の色をこばむ白」が特に凄い!。このバラに心がある
 のなら「このように詠んで貰って最高!」でしょう。
 みそひと文字の中にどのような言葉を選ぶか、短歌は言葉
選びの文芸。この歌人を生んだ桃源郷「千町」を思い出して
います。

千町には平家の落人伝説があり、歌人には平家の公達の血が
流れているか(?)。「兵庫の植物」誌には:
 「千町ヶ峰を挟んで千町の南東側の谷筋(福地渓谷の最奥部)
 に、中国渡来のシュウメイギクの野生化した群落がある。
 平家の落人伝説との関りがあるのか?」
と書いてある。
 

(無題)

 投稿者:与謝野晶子擬き  投稿日:2018年 5月24日(木)10時01分20秒
  名画「ヴイーナスの誕生」国立美術館で観た記憶があります。
拙歌ですが、感想を詠んでみました。

サラバンド ハットする紅き唇ピンヒール
       僕を見つめて燃える火のごと

セミプレナ 純情を永久に誓いしセミプレナ
       他の色こばむ白き花びら
 

バラも色々

 投稿者:暇人a  投稿日:2018年 5月22日(火)21時18分56秒
編集済
    メアリーの名がつくバラはピンクの八重。優雅で豪華
 ・・・だけに雨に濡れると裏悲しそう?。
  僕は一重のバラが好き:
  ・一枚目は燃えるような赤の「サラバンド」。恋多き女人=晶子風(?)。
  ・二枚目は「ロサ・アルバ・セミプレーナ」と言う原種系のバラ。ルーツを
  辿るとボッティチェッリ(伊)の名画「ヴイーナスの誕生」に描かれた白バラだ
  と言う。(「ロサ」とはローズ、「セミプレナ」とは半八重という意味)

  「檀特会(元)の晶子」さん、一句、詠んでくれませんかね!
 

バラの花

 投稿者:与謝野晶子擬き  投稿日:2018年 5月21日(月)20時44分12秒
  メァリーの名をもつ花は雨にぬれ
歌人が詠めば恋の悲しみ

???
 

(無題)

 投稿者:つばき  投稿日:2018年 5月 1日(火)23時50分8秒
  想い出は遥か彼方の毛無山蘇りくるカタクリの花

有り難うございました。
 

カタクリの里・毛無山

 投稿者:権兵衛  投稿日:2018年 5月 1日(火)20時49分51秒
  檀特会の山行きで岡山・新庄村の毛無山に。
こと所は花が早いのでどうかなと思っていたが、盛りを過ぎて色褪せが目立つが、何とか見ることができました。

毛無山山頂とカタクリ

http://gonbee165.blog.fc2.com

 

檀特山からの贈り物(2)

 投稿者:檀特山を裏山とする住民  投稿日:2018年 4月29日(日)21時06分53秒
  山頂で体操をしたり山桜やつつじを愛でたり、はたまた季節の山菜を
頂戴したり。檀特山はなくてはならない身近な存在です。
 ・写真一枚目は:隣家の石垣に咲くタツナミソウ(立浪草)の白花。
 遠くに見える森は檀特山の南麓です。
 ・二枚目は:タツナミソウの青花。奥に見える石垣は白花の咲く隣家の
 石垣。なぜか我が家の庭で勝手に?咲いており、群落を作っています。

  いずれも檀特山で見る花なので、季節風で種が飛んできたものでしょう。
 今では白花も庭のあちこちで咲いています。勿論、庭には、ありがたくない
 雑草も沢山、生えます。
 

神爾谷は百花繚乱神爾谷③

 投稿者:権兵衛  投稿日:2018年 4月25日(水)20時32分36秒
  ショウジョウバカマ、バイカオウレンとイワナシです。

http://gonbee165.blog.fc2.com

 

神爾谷②

 投稿者:権兵衛  投稿日:2018年 4月25日(水)20時29分15秒
  イカリソウ、フデリンドウとシャクナゲです。

http://gonbee165.blog.fc2.com

 

神爾谷は百花繚乱

 投稿者:権兵衛  投稿日:2018年 4月25日(水)20時27分4秒
  比良の神爾谷へ出かけました。

予想を上回る花めぐりでした。今年は花が早いです!

画像は、イワウチワ、イワカガミとシハイスミレです。

http://gonbee165.blog.fc2.com

 

お花畑?

 投稿者:早朝組員a  投稿日:2018年 4月23日(月)10時39分4秒
   今が盛りの山菜を見ようと、普段通らない道をたどったら
肝心のところで道間違い、残念!。ところが大谷口でこんな
お花畑?に出会いました。竹林多しと言えどこんなところは
余りない?・・・。
 

レンタル掲示板
/50