teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「檀特山の春」(季節の便り)

 投稿者:檀特山を愛する会員  投稿日:2019年 3月20日(水)10時49分45秒
   檀特山の麓にある隣保の中で、この山を里山として一番
愛しんでおられるのは大谷の人たち。
 ・立派な大谷新道を整備して頂き、大谷小屋もあれば
 水仙郷もある。
 ・4月にはこんなお楽しみも:
  ∴当番のお世話による花見と
  ∴大谷稲荷・建速神社前の餅蒔き(第一日曜)。
   大きな鏡餅や甘夏柑が降ってきました(以前は)
 
 

讃岐の檀特山(続き2)

 投稿者:檀特山を愛する会員  投稿日:2019年 3月 9日(土)16時14分58秒
編集済
   讃岐の檀特山が我が播磨の檀特山からはどのように見えるか。
国土地理院の地図では二点間の断面図を調べることができます。
讃岐山脈の矢筈山と鳴門大橋の二点間の断面図を下に添付します:
・地図上の直線の左端(始)が矢筈山、右端(終)が鳴門大橋。
・その間の断面図がグラフに示されており、
・途中に檀特山があります(印で示す位置)
 播磨の檀特山から南、鳴門大橋を眺め、そのまま視線を右に移して
一番高い山が讃岐の檀特山になります。ただ、この断面を示すグラフは
横軸が半分以下に圧縮され、高さは拡大されており、見た目は全然違う
=もっと横に長い(なだらかだ)。ピークが二つある?かも知れません。

 ⇒家島諸島の西島(檀特山から見て右端)の向こうに見える最も
 高い山を探す方がよいか。
 

讃岐の檀特山(続き)

 投稿者:檀特山を愛する会員  投稿日:2019年 3月 4日(月)21時16分38秒
編集済
   登山口には「南川自然の家」(さぬき市観光協会)
http://sanuki-kanko.jp/asobu/campsite/post-52.html
という施設があり、自然を相手にした学習の場になって
いるようです。
 太子町の檀特山で自然学習をしている太田小学校の生徒
には、相通じるものがあるのではないでしょうか。同じ
檀特山で互いに何を学んでいるのか?、と。

 「讃岐の檀特山の山頂からは、前方、大きく広がった
播磨灘が見下ろせる」と書いてある。地図で確認すると、
播磨の檀特山と(家島)西島の中央部を結ぶ線の延長上に
讃岐の檀特山があり、距離は79km。鳴門大橋が70kmなので、
鳴門大橋が見えたときには檀特山も見える?筈です。
 

讃岐の檀特山

 投稿者:檀特山を愛する会員  投稿日:2019年 3月 3日(日)21時16分38秒
  香川県にも檀特山があることはご存知ですね。
 我が檀特会の10周年記念行事の一環としてここに登ることを計画した
のですが、ある理由で「沙汰止み」になりました。
 ・狙いの一つは同じ名前の山に登ろう、という単純なこと。
 ・もう一つが同じ名前の山を里山として頂く町民の「山の会」として、
  太田小を通じて教育委員会からの挨拶状を貰い、向こうの町(香川県
  さぬき市大川町の教育委員会)に届けてはどうだろう?。教育文化活動
  の一環として今後の何らかの交流につながらないだろうか?、
  というもの。(今からでも?・・・余計なことか!)
    http://www.kawanoe.tv/138-980403dantokusan.html


   
 

檀特山・大谷の水仙郷

 投稿者:早朝組員a  投稿日:2019年 2月26日(火)14時58分49秒
   西斜面だからか、今が見頃です。

 大谷の人がそれぞれに持ち寄って
植えたものだそうです。
 

今朝の檀特山上から

 投稿者:早朝組員  投稿日:2019年 2月 1日(金)10時25分29秒
   ラジオ体操の前の、広畑上空。
 三日月と明けの明星(金星)が輝いていました。
 

例会登山・諭鶴羽山行①

 投稿者:檀特会員  投稿日:2019年 1月20日(日)13時20分53秒
   昨日19日は、うっすらと汗をかく絶好の登山日和。
灘の水仙も満開。加えて恒例の温泉は水量たっぷりの
天然アルカリ泉。その後の生ビール・・・誰もが
いつになく二杯目。最高!の一日で
 

例会登山・諭鶴羽山行②

 投稿者:檀特会員  投稿日:2019年 1月20日(日)13時18分45秒
   

今朝の檀特山からの眺め

 投稿者:早朝組  投稿日:2019年 1月 6日(日)11時06分18秒
   体操を始める6時30分の広畑・大津方面です。
 (沖合いの船は入港待ち?or漁船?)
 

謹賀新年

 投稿者:権兵衛  投稿日:2019年 1月 1日(火)11時35分39秒
編集済
  あけましておめでとうございます。

今年も頑張って山歩きを楽しみましょう!

http://gonbee165.blog.fc2.com

 

よいお年を!

 投稿者:与謝野晶子擬き  投稿日:2018年12月28日(金)22時20分33秒
  平成に全て置き去り悲しみも 夢再びのスタートライン

来年も 頑張りましょう。
 

♪もう五つ寝ると♪

 投稿者:早朝組員  投稿日:2018年12月27日(木)14時22分28秒
  ・・・お正月ですね。
 元旦風景を3ヶ年振り返ってみました:
 ・一枚目:平成28年7時17分(京見山から「初日の出」が昇ってきました
 ・ニ枚目:平成29年6時29分(夜景が奇麗です)
 ・三枚目:平成30年7時21分(今年も晴れました)
 

M輪さんへ

 投稿者:早朝組員  投稿日:2018年12月21日(金)21時05分26秒
   この掲示板を開設して頂いたのはM輪さんですよね(確か)。
「早朝組の体操」:
 ・今は6:30~ 本放送を聞きながら、です。
 昔のように一緒にやりませんか!。
 

忘年登山-最上山

 投稿者:会員z  投稿日:2018年12月 9日(日)13時43分50秒
   快晴ではないにしても、快適な忘年・登山でした。
・一枚目:晴れなら紅葉がもっと奇麗でしたかね。
 「紅葉の絨毯」を期待していたのですが、清掃が
 行き届きすぎて!(?)。
・二枚目:先方の尾根に「長水山・城」がくっきりと
 見えました。(左側二人の間)
・下山路にやっと紅葉が残っていました。

 今年の忘年登山が最後の山登りか?。その記念に
ここに投稿します。
 

初冬の大津茂川

 投稿者:檀特山を裏山とする住民  投稿日:2018年12月 6日(木)13時47分26秒
   昨日、カメラを担いで大津茂川を歩きました。
小春日和の中、木や草が黄色く赤く萌えています。
 東北・八幡平では「草モミジ(紅葉)」と言いますが、
我が檀特山近辺にも似たようなものがあります。
 

最優秀おめでとう

 投稿者:heisuke  投稿日:2018年12月 3日(月)07時33分53秒
  最優秀賞おめでとう
徳留さん よかったね
 

今朝の檀特山からの眺め

 投稿者:早朝組  投稿日:2018年11月24日(土)10時30分49秒
  ①6時25分:西の空には満天の月
②6時27分:いつもの矢田部組が登ってきました
③6時45分:体操が終わり、帰ろうとすると、
  早朝組のマドンナさんが「見て!、あの空、奇麗だわー」
  とのお誘い。快晴の日の出時刻の、西の空の山の端に
  見られる珍しい光景です。
 

太田小学校檀特山登山案内

 投稿者:権兵衛  投稿日:2018年11月22日(木)09時58分33秒
  今朝の地元紙の記事です。

太田小学校の児童が25日登山ガイドをします。時間のあるかたは是非参加してください。

http://gonbee165.blog.fc2.com

 

ダンドク=檀特山

 投稿者:檀特会員  投稿日:2018年11月 5日(月)09時37分33秒
編集済
   檀特山の名「ダンドク」はブッダがガンダーラで修業した山の名から
来たと言い、我が太子町の他に讃岐にも檀特山〇〇寺があります。
 そして、古くインドから渡来した「ダンドク」という名の真っ赤な
花があります=それが添付するカンナの原種。名の由来は、ブッダが
修業を終え立ち去った後に残る真っ赤な血になぞらえた、と。
 さらに驚いたのは、先日、TVの(スペイン)「トレドの街歩き」を
見ていたら、花壇に水やりをする人が赤いカンナを指して「これは
ダンドクだ」と言う。(日本語の訳が画面に出る)その昔、インドから
船に乗って「ダンドク」が日本へ、ヨーロッパへと伝わったのだろう。
ダリヤやカーネーションだって世界中で使われている、同じことか。
なお、いつだったかタキイにカンナの原種「ダンドク」を買いたいと
電話したら、「販売用はない」と断られた。
 我が檀特山の名の由来である「ダンドク」が花の名として世界中で
使われている・・・ちょっと楽しくなる。
 
 

おめでとうございます!

 投稿者:与謝野晶子擬き  投稿日:2018年10月28日(日)20時19分33秒
  2枚とも流石!です。この写真を撮るために多くの時間と
忍耐を感じます。

アララギ短歌を学び叙景歌が詠めるようになりたいと思って
います。感動をありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/53