teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


全然いけますよ

 投稿者:小豆  投稿日:2008年10月26日(日)20時59分19秒
  まだ中学生です!
兄の学研の本を読んでメッチャ気に入ったんです。

ありがとうございます。
いつでもいけますので頑張って下さい。
 
 

ネオ少年探偵シリーズのこと

 投稿者:芦辺 拓  投稿日:2008年10月25日(土)01時39分7秒
  >小豆さん

 どうもどうも、こんな過疎掲示板によくおいでくださいました。『電送怪人』『妖奇城の秘密』『謎のジオラマ王国』を連載当時に読んでいたみなさんは、もう高校生になるのかな? 単行本が出てからでも3年以上になるので、ずいぶんご無沙汰してしまいました。

 結論から言うと、あのシリーズは学研やその他の出版社の人が、続けて出したいと言ってくださっていますし、現に少しばかりですが書き始めてもいます。ただ「5年の学習」「6年の学習」に連載していたころと違って、はっきりしたスケジュールを決めていないので、こんなにも延びてしまったのです。

 でも、小豆さんのような書き込みを拝見すると、そんなことも言っていられないので、来年はちょっと馬力をかけます。どうかよろしくお願いします。
 

ありがとうございます

 投稿者:小豆  投稿日:2008年10月22日(水)19時45分37秒
  本当ですか!ありがとうございます。めっちゃめっちゃ嬉しいです。

いつまでも待ちます。
でたら絶対に読みます!!凄く楽しみに待ってます。
 

ちょっとお待ちを

 投稿者:芦辺 拓  投稿日:2008年10月21日(火)02時05分2秒
  >N市のAさん

 ありがとうございます。がんばります。

>小豆さん

  すみません、今ちょっとくわしいRESができない状態なので、もう少し待ってください。なお、ネオ少年探偵シリーズは、書く意思もありますし、出版社もそのつもりです。
 

お願いします

 投稿者:小豆  投稿日:2008年10月19日(日)21時03分36秒
  はじめまして!
私はネオ少年探偵団がスゴク好きなんです。もう何回も読み直してます。
毎回読んでも面白くてメチャメチャ好きなんです。それに全然飽きなくてはまってしまうんです!!

私も作家になりたいなぁ~って思ったんですけど全然国語力がなくて作文とかスゴク苦手です。
けど読むのは大好きです。すぐ自分の世界に入り込みます。
こんな性格なんでネオ少年探偵団の本の続きが読みたくてしかたないんです。
無理なお願いだと思ってますけどもう一度ネオ少年探偵団の続き書いてくれませんか?
 

なぞがたりなばりに芦辺先生登場!

 投稿者:N市のAメール  投稿日:2008年 9月27日(土)00時21分40秒
  はじめまして。三重県名張市まちづくり推進室の秋永と申します。
江戸川乱歩生誕の地、名張市では平成3年からミステリ作家の方々をお招きし、ミステリ講演会
「なぞがたりなばり」を開催しています。18回目を迎える今年は芦辺拓先生にご登場いただきます。
演題は「〈乱歩〉を生きた男ーー戦略的な、あまりに戦略的な」です。担当者としては涙がちょちょぎれ
そうなテーマです。(光文社文庫乱歩全集「ぺてん師と空気男」に先生の同題のエッセイがあります。)
開催は11月22日(土)13:00~ 詳細は名張市HPをご覧下さい。
晩秋の名張(って、どこ?とよく聞かれるのですが)にぜひおいで下さい。サイン会もあります。
皆様のお申し込みをお待ちしています。
芦辺先生、どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.city.nabari.mie.jp/yumezukuri/nazogatari/nazogatari2008.html

 

近時片々

 投稿者:芦辺 拓  投稿日:2008年 8月17日(日)18時30分30秒
編集済
  『黒死館殺人事件』というのも不思議な作品で、あの引用の洪水をなくしたら黒死館でなくなってしまうというのが大方の意見でしょうし(いずみさんのように、ミステリ部分の薄さを見抜ける人の方が貴重な少数派だと思いますよ)、いや、そのせいでせっかくのドラマティックな場面が塗りつぶされてしまっていると指摘した人もいたりします。

 僕の『綺想宮』はそこらあたりからの疑問が出発点で、「ひょっとして黒死館のペダントリーって全部ガセでは?」と思って調べたら、こりゃいくら何でもあんまりだと感じた作中のトンデモ学説が、実在のものだとわかってびっくりしたことがあります。

 話変わりまして、理論社ミステリーYA!からの『月蝕姫のキス』は10月6日刊行。それと、こちらの掲示板ではめっきりやらなくなった近況報告をしときますと――

 先月30日は林海象監督の最新作「探偵事務所5 THE CODE」(オフィシャルサイトでは題名が違いますが)の試写、一昨日の15日は演劇企画CRANQの「ソープオペラ」昼興行を見てきました。

 どちらも僕の最も好む種類の物語、かたや銃撃戦にすらチャンバラのような大らかな風味のある探偵冒険活劇、こなたドラマと人物群像に一部の隙もなく、それでいて温かみのある内容でして、いやもう満足のきわみ。そしてちょっと近ごろタルんじゃいないかいとわが身をかえりみさせる出来栄えでありました。
 

Re:やあやあ

 投稿者:いずみ  投稿日:2008年 8月 3日(日)07時01分27秒
  >芦辺版・黒死館殺人事件

なにやら、とてつもない作品に仕上がる予感!
とても楽しみです~。

わたしは、本家・黒死館に付いては
情報の詰め込み度に比べて、肝心なミステリ部がいまいち薄いなぁ
と感じているので…
それを凌駕するすばらしい作品をお待ちしております

さて、話はころっと変わりまして

石川県立図書館
海外ミステリの愉しみ
http://www.library.pref.ishikawa.lg.jp/gyouji/20080801/20080801.htm

なかなか、楽しそうな企画ですね。
「カーの高校卒業アルバム」と言うのが
なかなかマニアックな展示で、興味があるのですが
いかんせん、金沢は遠いです(悲)
 

やあやあ

 投稿者:芦辺 拓  投稿日:2008年 7月 3日(木)01時55分42秒
  >いずみさん

 よく覗いていた掲示板や日記が、いつのまにか無人になって荒らされてというのは悲しくむなしいものがありますよね。

 それを避けるためにも、折々に書き込んだり掃除したいと思っていますので(それでも、もうほとんど機能していない避難用BBSとネタバレ掲示板が、一時ひどいことになっていたみたいです)、初期からの常連さんとして引き続き見てやってください。

『綺想宮殺人事件』のことは、この掲示板ではあまり語ってませんでしたが、まあ芦辺版・黒死館殺人事件などというと身の程知らずですが、何かもういろいろブチ込んでやろうと思ってます。そのためにここ数年(東京転居以来ぐらいかな)集めたネタを大放出するつもりですが、『千一夜の館の殺人』の某暗号ネタみたいに、とても僕の手には負えないものあるでしょうし、さてどうなりますかね。
 

RE:ご報告

 投稿者:いずみ  投稿日:2008年 7月 2日(水)22時43分32秒
  見てますよ(笑) SNSは生理的に嫌いなので
私は、ここだけです。

ただ、最近めっきりと、静かになってしまって少し寂しいですね…

それはそうと、
8,9,10月と月刊芦辺(敬称略)になっていますね

>『綺想宮殺人事件』
キャッチが”最後の探偵小説、或いは探偵小説の最期”
とても気になりますね
 

レンタル掲示板
/11