teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:54/107 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

首討役人

 投稿者:安田八十八  投稿日:2009年 1月30日(金)11時45分18秒
  通報
  『五瓶力謎緘』読ませていただきました、鈴木伝蔵が月正島(がっしょうじまと読みます、合掌淵、合掌島とも呼ばれました)の刑場で斬首される場面なんですが、対洲藩家中の通詞鈴木は士分ですので弥惣太(渡辺村の首討役人と思われる)という手練れが首を刎ねる訳がなくて奉行所の首討足軽こと安田八十八が鈴木の首を刎ねました、中野光風氏の『唐人殺し』を参照されたと推定しますが弥惣太は想像上の人物です(大阪の部落史3近世編)

時代劇ファンとして大坂を舞台にしたドラマ、映画が好きなんですが芦辺さんの本もドラマ化される事を切望いたしております、近世大坂の蘭学医グループを題材にした作品を著してもらいたいですね、伏屋素狄、各務文献などの吉田宗吉系統の蘭学医たちが月正島で行った人体解剖は世界で初めて腎臓の濾過機能実験を行っていました(中野操『大坂名医伝』)
 
 
》記事一覧表示

新着順:54/107 《前のページ | 次のページ》
/107