teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:67/107 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

近時片々

 投稿者:芦辺 拓  投稿日:2008年 8月17日(日)18時30分30秒
  通報 編集済
  『黒死館殺人事件』というのも不思議な作品で、あの引用の洪水をなくしたら黒死館でなくなってしまうというのが大方の意見でしょうし(いずみさんのように、ミステリ部分の薄さを見抜ける人の方が貴重な少数派だと思いますよ)、いや、そのせいでせっかくのドラマティックな場面が塗りつぶされてしまっていると指摘した人もいたりします。

 僕の『綺想宮』はそこらあたりからの疑問が出発点で、「ひょっとして黒死館のペダントリーって全部ガセでは?」と思って調べたら、こりゃいくら何でもあんまりだと感じた作中のトンデモ学説が、実在のものだとわかってびっくりしたことがあります。

 話変わりまして、理論社ミステリーYA!からの『月蝕姫のキス』は10月6日刊行。それと、こちらの掲示板ではめっきりやらなくなった近況報告をしときますと――

 先月30日は林海象監督の最新作「探偵事務所5 THE CODE」(オフィシャルサイトでは題名が違いますが)の試写、一昨日の15日は演劇企画CRANQの「ソープオペラ」昼興行を見てきました。

 どちらも僕の最も好む種類の物語、かたや銃撃戦にすらチャンバラのような大らかな風味のある探偵冒険活劇、こなたドラマと人物群像に一部の隙もなく、それでいて温かみのある内容でして、いやもう満足のきわみ。そしてちょっと近ごろタルんじゃいないかいとわが身をかえりみさせる出来栄えでありました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:67/107 《前のページ | 次のページ》
/107