teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


近況

 投稿者:まーこ  投稿日:2011年 5月11日(水)12時54分34秒
  4月に書き込みしてから1ヶ月が経ちました....
うちのう太郎の腎不全は、多分末期に突入しているんだと思います。
あの三日後、一度クレアチニン、BUN等倍程上昇し、病院から入院治療の意思確認をされましたが、私はお断りをして、その代わりと言う事でもなかったのですが、朝晩の点滴通院をしています。
その甲斐あってか、先週はBUN32、クレアチニン3.3まで下がって、本猫も見た目普段通りの生活が出来ています。
ですが、体重は徐々に減り、去年の急性腎不全になる前には6キロを超えていたのに、今朝は4.8も下回っています。
朝晩の点滴通院もかなり嫌気がさしているようですし、せめて一日一回に戻してやりたいと思って、経過を診ながら少しずつ点滴量を減らしているところです。
あと50cc減らせてキープ出来れば、250なので一回で済むのですが、それも今のあの子の身体にはどう影響するのか全く分かりません。
先月、一日一回で徐々に250まで増やしていったけれど、生活の質が落ち、また点滴の吸収も悪くなり、結局は値の維持どころか上昇に繋がってしまいましたし、本当に何もかもが手探り状態です。
明日は血検を予定していますが、どの程度まで維持出来ているのでしょう
 
 

ご無沙汰しております

 投稿者:まーこ  投稿日:2011年 4月11日(月)15時26分31秒
  kakoさん、ご無沙汰いたしております。
昨日はママとマグ、二人命日でしたね。
春らしい、暖かな日曜でした。

実は、先月に入った頃から、う太郎の数値が少し上がっています。
造血ホルモンもまた使いはじめており、若干戻りつつはありますが、日常のう太郎の様子には、ついこの間だった2月後半までのような活発さは見られなくなっています。

多分、これが、来るべき時の始まりなのだろう、そう私は思っています。
ですので、出来るだけ無理を強いる事なく、う太郎のペースにあわせてやれるような治療を心掛け、一日に何か一つでも、楽しい、嬉しい、美味しい、の喜びを与えてやれるよう、頑張るつもりでいます。
 

新年おめでとうございます

 投稿者:まーこ  投稿日:2011年 1月 3日(月)12時15分54秒
  明けましておめでとうございます。
猫達は元気にしてますか?

我が家は、去年は暮れの最終日までう太郎の点滴通院、明けて昨日もまた点滴と、今年はとにかく維持する事だけを目標に頑張ろうと思ってます。

で、報告遅れましたが、長年勤めた会社ですが仕事を辞める事にしました。正式には2月15日付で、新年から有給消化に入っています。

後どの位う太郎と一緒に過ごせるかは分かりませんが、元気なうちに辞めようと、去年の入院以降ずっと考えていました。
当面は失業保険を当てにして、う太郎の治療に専念しつつ、みんなとのんびりさせ貰おうと思っています。

kakoさんも心配事の尽きない日々が続いておられる事と思います。
どうぞご無理なさらず、プラス思考で頑張りましょうね。

 

良かった~

 投稿者:まーこ  投稿日:2010年10月11日(月)19時20分57秒
  良かった...本当に、良かったです。

肝臓の数値は心配ですけど、体重も腎臓もちゃんとキープ出来てたんですね。
腎臓が正常なら貧血の心配もないでしょうし、高栄養のご飯も引き続き食べさせていけますね。
来年あるかな...なんて言ってらしたけど、まだまだ頑張ってくれそうなので、私も安心致しました。
あとは発作さえ抑えられたらと思うのですが、原因に繋がりそうなものが見つかるといいのに...

私も学生の頃飼ってたマミが、時々今思うとにゃん太と同じような発作起こしてました。
大概は元気にお外に出掛けて行って、帰って私の部屋に入ったところで安心したのか横たわって、そこからはまるで犬のように口をあけて、早い呼吸を繰り返していました。
いつからそんな発作が起こるようになったのか、今では思い出す事も出来ませんが、産まれた時から一番元気な子猫だったと聞いていた通り、家に来てからも本当に元気でしたから、もしかしたら、お外に出すようになって、にゃん太と同じようにウイルス感染があったのだろうと思います。
発作とウイルス、私には無関係とは思えない気がします。
 

検査に行って来ました。

 投稿者:kako  投稿日:2010年10月 6日(水)12時47分57秒
  まーこさん、レスが遅くなり申し訳ありませんm(_ _)m

まーこさんの書き込みを読んでね、悩んで悩んで迷っていましたσ(^_^;ワタシ
通院は、にゃんたろうにとって、ストレス、苦痛以外の何物でもないのです。
また、通院というストレスが引き金になって、また発作を起こしたら・・・
などなど、悶々としていましたが・・・。

最終の血液検査が、昨年の10月24日で、ちょうど一年経ちますし、
離れの子たちの検査が終わり、皆、陰性で、ワクチンも打ち、
一息つけましたので、思い切って行って来ました。

毎日、a/d缶を、一日3回に、ラクトパワーを混ぜてあげていますしね、
まーこさんのおっしゃる通り、薬で、少しでも身体が楽になるものを混ぜる事も
出来るし・・・と。

結果は、一年前と、ほとんど変わらず。
心配していた貧血も、ただの杞憂だったようです。
白血球数も111 ありますし、腎機能 クレアチニン1.5 BUN17
やはり、肝機能は悪いままでした。
GOT 74 GPT 349
しかし、これも一年前とほとんど変わりません。

体重5.3kg
一年前は5.4kgですから、思っていたほど減っていませんでした。

触診でリンパの腫れも調べてもらいましたが、ないようです。
レントゲンは撮りませんでした。

結果、特に飲ませるお薬はなく、発作の原因も、左右瞳孔不同がでるので、
脳神経系である事は、そのようなんですが、
顔の腫れ、早い呼吸や、呼吸困難様の開口呼吸は、よく原因がわからないままです。

今回は酷い・・・と思う発作や、ちょっとしんどそう・・・という小発作を
くり返しくり返し・・・。
この状態が、一体いつまで続くのか、いつまでにゃんたろうが頑張るのか、
わかりませんが、見守っていてやりたいと思います。

もうね、怖かったんですよ。
体重さえも、激減していたら、ショックを受けてしまいますからσ(^_^;ワタシ

検査をしてもらって、悪化していない事がわかり、少し安心しました。
背中を押してもらったようなものですから、ありがとうございましたm(_ _)m

う太郎ちゃんも、頑張れ~(*^。^*)
 

造血ホルモン

 投稿者:まーこ  投稿日:2010年 9月27日(月)00時27分58秒
  kakoさん、こんばんは。
にゃん坊、また発作だったんですね...
kakoさんのお気持ちが分かるだけに、本当に言葉が出てこないのですが...
kakoさんのおっしゃる通り、にゃん坊の生命力に任せるしかないのだと思います。
私達が出来るのはほんの僅かで、何が一番適切なのか、それを見極める事だけで、以前のように、あれもこれもと、負担を強いる事だけは避けたいと、私も思っています。

にゃん太は最近血検をされていないと前にお聞きしましたが、もう一度検査されては如何でしょうか。
何が変わる訳ではないかもしれませんが、もし貧血が進んでいるなら、造血ホルモン剤の注射は効果があります。
皮下注射ですし負担はほとんどありませんので、にゃん太の身体に足りないのなら簡単に補ってやれます。
何か一つでもにゃん太を楽にさせてやれる事はないのでしょうか?
 

良かった(*^。^*)

 投稿者:kako  投稿日:2010年 9月21日(火)22時06分44秒
  まーこさん、レスが遅くなりましたm(_ _)m

でも、すごいですねぇ~@@
確かに、腎臓の残存機能としては、厳しいのかもしれませんが、
数値が改善されているという事は、
残りの腎機能がちゃんと働いていてくれるという事ですよね。
大事に大事に、残りの機能の負担を少なくして、
維持していけるといいですね(゚-゚)(。_。)ウンウン
ここまで、良い状態に落ち着けたのですから、ホント、すごいです。
この約2ヶ月。
通院は大変だったとお察ししますが、頑張られた甲斐がありましたね(*^。^*)

うちもね、にゃんたろうの発作は相変わらずで、
一昨日から昨日にかけては、もう、微動だにしないくらいの状態でしたので、
今度こそダメか・・・。
と、呆然と見守っていたんですよ。
今度、寝ているのを見に行ったら、呼吸が止まっているんじゃないか・・・。
ずっとそんな不安に苛まれていたくらいです。
しかし、今日には、また復活してくれました。
少しですが、歩き回り、庭にも出ています。

でもね・・どんどんと復活した状態も、
以前とは全く違って来ている事に気がついています。
顔は腫れ気味のままだし、左右瞳孔不同で、右目は真っ黒のままだし、
a/d缶を、シリンジで飲ませていますが、口の中が白っぽいですから、
貧血が進んできているんだと思います。
なので、以前のように歩き回る元気はないです。
動く時間が、極端に減りました。たぶん、しんどいんだと思います。
免疫力も落ちてきているので、ヘルペスウイルスが出てきています。
黄緑色の目やにが出ていますし、鳴き声がちゃんと出ません。
うち一番のやんちゃだったにゃんたろうが、
14歳コンビのくろ&カッチーよりも、老猫っぽいというか、
毛艶が悪く、動きがなくなりました。

それでもね、発作が収まると、庭をゆっくり歩いているんですよ。
発作の感覚は、どんどんと縮まっていますし、
発作の時、今まで見られなかった、開口呼吸をするようになりました。
まだ、酸素をお借りしていますのでね、酸素を口元まで持っていくのですが、
シューシューと出る風が嫌なのか、音が嫌なのか・・・
立ち上がって2~3歩歩いて、そのまま横になる、の繰り返しですから、
無駄のような気がします。

これだけ状態が進んできたら・・・というか、弱ってきていたら、
冬は越せないかもしれない・・。
そんな気もしています。
たぶん、にゃんたろうも、一年・・・いいえ、半年というスパンで
状態を見る事も難しいでしょう。

でも、生命力の強さ・・・て、驚かされますよね。
凄い・・・本当にそう思いますし、
いつが最後になっても、最後の最後まで、精一杯、にゃんたろうは、
頑張って生きたのだと、そう思えると思います。
私も、私がしてやれる事を、精一杯するだけだと思います。
強制給餌(嫌がられてますが)と、見守るだけですケド(^^;)

「幸せは、どこかにぽっかり浮かんでいるものじゃなく、
 今、ここにあるもので・・・それを幸せと感じられるかどうか」
なのだと、本で読んだことがあるんですが、昨日の夜も、ボーと、
そんな言葉を思い出していました。
今、生きていてくれる事、一緒にここにいる事が幸せなんですね。
時間は過ぎて行くもの。
だから、いつか、この一緒にいる幸せも、なくしてしまうのでしょうけれど、
今から、それを恐れ、嘆いていたら、せっかくの幸せな時間が
幸せな時間じゃなくなるじゃないですか。ねぇ。
今夜で終わりかもしれない・・・
そう思いながらも、そんな事を想っていました・・・。

まだまだ、う太郎ちゃんは、頑張ってくれますよ(*^^*)
欲張りでいいんです。
う太郎ちゃんも、にゃんたろうも、生きることしか見ていませんから、
私たちも、同じように見ていていんだと思います(*^^*)
 

良好?

 投稿者:まーこ  投稿日:2010年 9月20日(月)23時23分26秒
  kakoさん、またまたこんばんは~

昨晩、点滴しない方が快調そう(?)などと言っていたら、今朝から二回連続白い泡のようなのを吐いて、今日は点滴の日でしたので血液検査もしてきたのですが....
今日はなんと、クレアチニン3.6、BUN38で、何故だか今までよりクレアチニンの値が低いので驚きです。
さすがに、BUNは前回毎日点滴していた頃、一度だけですが25まで下がった時がありましたので、それから比べれば上がっていますが、でもでも、今日の値は入院前の値に等しいくらい。
なんだか本当に訳が分からない。
う太郎の腎臓、今どうなってるんだろう??
末期であることに違いはないはずなのに、どこに余力があったのかと、本当に驚かされるほどの回復ぶりで、今日は嬉しい悲鳴をあげてしまいました。

今、また横でカリカリを食べてます。
で、少し食べては去り。
また来て、少し食べ。
昨晩も何度もそんなで、少しずつ食欲も出ていますので、減って体重が戻ればいいなぁと思っていますが、欲張りですね。
 

その後のう太郎

 投稿者:まーこ  投稿日:2010年 9月20日(月)01時12分51秒
  kakoさん、こんばんは。

う太郎ですが、あの後、利尿剤を注射から飲み薬に替えて一週間、次に点滴だけにしてまた一週間と、それで血液検査の結果が安定しているので、先週からは、その点滴を1日おきにして様子を診ています。

毎日続けていた点滴をしない日があっても、本当にう太郎は大丈夫なのだろうかと、すごく不安でしたが、当猫は、点滴のない日が当たり前の事のように、普段と変わりなく過ごしています。
まだ日数が余り経っていないので検査はしていませんが、見ていて支障がなさそうと言うより、点滴しない日の方が食欲も出て快調そうにしています。

1ヶ月前を思うと、本当に夢のようで不思議です。
また近い内に検査結果を報告致します。
 

検査結果

 投稿者:まーこ  投稿日:2010年 8月30日(月)00時16分7秒
  こんばんは、kakoさん。

利尿剤を1日1回にして一週間、今日の血液検査、実は内心とても不安でしたが、BUN40、クレアチニン4.7で、今日のところは前回より低い数値でキープです。
それで、先生から、今日から利尿剤の注射を半分の量に減らしてみましょうとお話しがあったので、迷いはありますが、続けると腎臓に負担がかかるとの事ですので、今日のお注射から量を半分に減らしています。
今のところは、いつも通りしっかりオシッコも出てくれていますので、もしかしたら利尿剤もナシでいけるのかなと、そんな期待も持っています。
とにかく、また一週間後の検査次第と言う事になり、一歩ずつと言う感じですね。


にゃん太も、う太郎も、生きようと精一杯頑張っているし、私達が出来る限りの手助けをしてやれたなら、あとは天運にお任せするしかないと思っています。

もう少しで心地よい秋がやってきます。
にゃん太がまたおへそをだして、柔らな日差しや風を感じて、のんびりとくつろげる季節になります。
にゃん太なら、きっとそうなりますよ、kakoさん。
 

レンタル掲示板
/19