teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


こちらこそ!

 投稿者:石田  投稿日:2017年11月18日(土)06時25分14秒
返信・引用
  先日は、偶然にもお会いできて良かったです。
東京出張で、そのまま新ギターに会いに松本に向かったのでした…(笑)
先日のギターは、まだ手元にはありませんが、これからじっくり味わいたいと思います。
海道さんも完成までのワクワクを楽しんで下さいね~
 
 

久しぶりの工場へ!

 投稿者:海道  投稿日:2017年11月13日(月)23時48分20秒
返信・引用
  本当に久しぶりの書き込みです。G3さんに2004LTD
の凄さを伝えてしまった者です。
密かにあれ以降、カスタムオーダーをし何本かは持っております。
ハカランダ仕様も私の好きな60年代丸ヘッド仕様を頼んだり、
その都度、百瀬さんとは材料選定から仕様決定までお付き合いして貰ってます。

この日は、なんと偶然にころさんと石田さんにお会いできました。
ツートップにあって緊張してしまいました。

またこの日は友人と私と百瀬さんにお互いが作って欲しい作る意欲がわく
モデルをラストギターさん(南阿佐ヶ谷)を通じオーダーしました。
最近ではHD-180のジャーマントップ・シンガポールマホガニーと
ATB作HD-113 Ver4こちらはアディロン・キューバマホ品
ともに素晴らしいしか言葉が出ません。
特に!シンガポールマホガニーは物凄いです。
音の減衰やリバーブ感がこれがマホガニーなのかと唸ってしまいます。
新しい発見ですね。もとはキューバマホをシンガポールに植林したらしいです。
産地違いですね。今後はたまに書き込みしようと思います。どうぞよろしく。
 

はじめて買いました!

 投稿者:荻原メール  投稿日:2017年11月 1日(水)06時42分11秒
返信・引用
  今回初めて買いました!
キューバンマホガニーの OMです!
気に入ってます^_^
 

Re: やま様へ 訂正のお詫び

 投稿者:やま  投稿日:2017年10月 7日(土)17時50分45秒
返信・引用
  G3さんへのお返事です。

とんでもないです!ただ 凄い量感を持ったパワフルな鳴りなので当たりなのかもしれません。OM-CTM初年度の作りの時、連番でも統一性がなかったのかシトカ  マホだったりアディロン  ローズだったり色々あるようで  僕も調査中です。笑

 

やま様へ 訂正のお詫び

 投稿者:G3  投稿日:2017年10月 7日(土)16時58分7秒
返信・引用
  やま 様

>仕様表を確認してスペックを聞いた所  表板アディロンダックと記載があったので

ゴメンナサイm(_)m。でしたら間違いなくアディロンと思われます。
Woodmanさん持ち込みのアメリカンレッドではなく、飛鳥工場ストックのアディロンを使用したものと推察されます。取り急ぎ訂正させて頂きます。
 

Re: HEADWAYオーナーになりました!

 投稿者:やま  投稿日:2017年10月 7日(土)15時00分58秒
返信・引用
  G3さんへのお返事です。


> 2005年製のOM-CUSTOM、凄く良いですよね!その力強さ、「ドレッドノートと大差ねぇ~じゃん」って思いません?(笑)

ほんと、そう思います。Dサイズをドライブできる家の構造じゃないのにOMも爆音でして 笑   びっくりしてます。

> ちょっとここでOM-CUSTOMに関する予備知識を。トップ材は正式にはアディロンダックスプルースではありません。

そうなんですね!僕のはカスタムシリアル表によると6本目に作られたものだったので、ディバイザーさんに当時の百瀬さんへの仕様表を確認してスペックを聞いた所  表板アディロンダックと記載があったので  てっきりアディロンだと思ってました!

> それと内部構造について。百瀬さんの意思により、Xブレーシングの交点は「Martin仕様のフォワードシフト と HEADWAY仕様のセミフォワードシフト の 中間点」が採用されました。それ以降、この位置がHEADWAY仕様のフォワードシフテッドの基準値となっております。

それはかなりの出来事ですね!!!!うわあ  なんだかすごいの手に入れてしまったような気がします。。驚


> いずれにしましても、最高のかたちでHEADWAYデビューができたのではないかと感じます。

本当にありがとうございます!!
でもこうして次はD とか  F  とか欲しくなっていくのでしょうか?笑
ひとまずは向こう10年  OMを弾き倒してみます  笑
僕も写真送ってみようかな  笑

本当に良いギター手にすることができました!ありがとうございます!
 

Re:HEADWAYオーナーになりました!※補足※

 投稿者:G3  投稿日:2017年10月 7日(土)14時16分36秒
返信・引用
  ○やま 様

連投失礼致します。

思い返してみれば、私のHEADWAYデビューはWoodmanさんのD-CUSTOM(2004年製)でした。縁ですね(笑)。あまりにも素晴らしいためOM-CUSTOMも対で欲しかったのですが、金銭的に余裕が無く断念したのを今でも記憶しおります。ここで10年越しの念願が叶ってOM-CUSTOMが入手でき、ホクホクしております(笑)。

内部構造の件で補足です。百瀬さんが当時心配されていた強度についてですが、おそらく大丈夫と思われます。当時フォワードシフテッドへの試みが僅少であったため、「トップ材を厚くした」とおっしゃっていたのを記憶しております。実際に私のD-CUSTOM(2004年製)もOM-CUSTOM(2006年製)も変形などは確認できません。お互い、大切にして行きましょうね。

「トップの強度」と「音質の良さ」と「音量の大きさ」をここまで共存させちゃうなんて「凄い」としか言い様がないのです。『木と対話できる職人』というカタログのキャッチコピーに嘘はなかったです。初めて百瀬ギターに出会った時の衝撃は今でも忘れられませんね。
 

Re:HEADWAYオーナーになりました!

 投稿者:G3  投稿日:2017年10月 7日(土)13時31分43秒
返信・引用
  ○やま 様

おお!WoodmanのOM-CUSTOM!その手がありましたか!
115と701で悩んでいらっしゃったので、ドレッドノート以外は眼中にないものかと勝手に思い込んでおりました(笑)。

2005年製のOM-CUSTOM、凄く良いですよね!その力強さ、「ドレッドノートと大差ねぇ~じゃん」って思いません?(笑) OM-CUSTOMも何度かリピートで製造されたのですが、百瀬さんも常に製品を改善しながら『ものづくり』をされている方ですので、2008年頃になると、同じOM-CUSTOMであっても、やま様がお手持ちのOM-CUSTOMの音ではなくなってしまっています。良い言い方をすれば「OMらしい音になった。」、悪い言い方をすれば「大人しくなってしまった。」という感じです。

ちょっとここでOM-CUSTOMに関する予備知識を。トップ材は正式にはアディロンダックスプルースではありません。確かWoodmanさんが独自?に入手された材で、「アディロンダックスプルースと全く同じ種類のスプルースなのだが、アディロンダック州で伐採されたものではない。」とのことでした。ですので発売当時は「アメリカンレッドスプルース」という名称で販売されておりました。私も実際に手に取ってみた感覚としては、質感や音はアディロンダックと同じ(むしろアディロンより良い)ですので、アディロンダックスプルースと言っても差し支えはないと思います。

それと内部構造について。その当時、「強度が劣る」ということを理由に、百瀬さんはフォワードシフテッドに若干の嫌悪感を抱いておられました。WoodmanさんとしてはMartin OM-18GEの完コピを目論んでおられたようなのですが、百瀬さんの意思により、Xブレーシングの交点は「Martin仕様のフォワードシフト と HEADWAY仕様のセミフォワードシフト の 中間点」が採用されました。それ以降、この位置がHEADWAY仕様のフォワードシフテッドの基準値となっております。ですので、稀にもの凄くコアなショップさんがHEADWAYギターのスペックに「完全フォワードシフテッド」と掲載しているのは、「Martin仕様のフォワードシフテッドを百瀬さんに頼み込んで再現してもらいましたよ~」という意味になります。う~ん、実にマニアック(笑)。

いずれにしましても、最高のかたちでHEADWAYデビューができたのではないかと感じます。当初お勧めしましたHD-515Wよりも更に希少性は高いですし、WoodmanさんのOM-CUSTOMは「オーディトリアムボディの完成形のひとつ」と私は個人的に認識しております。本当に素晴らしい楽器だと思います。ここ数ヶ月で3本くらいOM-CUSTOM出回ってましたよね。実は私も今年の2月に念願叶って入手できたのです(笑)。ニューギターコーナーに掲載の依頼したんだけどなぁ~。まだかな~(笑)。


○ころ 様

ご無沙汰しております。いつも大変お世話になっております。
情報を提供してくださり、ありがとうございました。百瀬さんのインタビュー記事、非常に興味深く、また楽しく読ませて頂きました。

この記事を書いた方が百瀬さんの雰囲気を伝えるのが上手なのか、あるいはあのようにしか書けなかったのか分かりませんが、何と言うか・・・「そのまんま百瀬さん」でしたよね(笑)。読んでいて気持ちが「ほんわか」しました(笑)。

百瀬さんくらい「達観の域」に入ってしまうと、同業者の目とか気にならないんでしょうね(笑)。あからさまにリアシフトのネタばらしをされておりますが、それを真似たところで、やはり他の職人が同じ音を再現するのは難しいのでしょうね。

長文失礼致しました。
 

HEADWAY オーナーになりました!

 投稿者:やま  投稿日:2017年10月 5日(木)18時45分23秒
返信・引用
  散々HD-115で悩んでいたのですが、、、
結局手に入れたのは やっぱりマホガニーものでした。
2005年百瀬さん作のOM-CUSTOM(アディロン/ホンマホ) Woodmanリミテッドです。

去年試奏した中でお気入りリストに入ってたシリアルのOMが
なんと売りに出てて もう運命しか感じませんでした!

G3さんが仰る通りマホ派はやっぱりマホに落ち着くのかもしれません。
明るく甘い心が温もる音色に今は酔いしれています。
百瀬さんの丁寧な作りこみにも感動しきりです。
本当に表板裏にサインってあるんですね それにも感動しました。

弾き込んで自分だけのギターを作っていきたいと思います。

結局違うものを選んでしまいましたが 相談に乗って頂いたG3さん
本当にありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:bapphact  投稿日:2017年10月 2日(月)06時20分10秒
返信・引用
  buy dissertation online
buy a phd dissertation
phd editing services
how to write a doctoral proposal
samples of thesis

dissertation research topics
custom dissertation writing

history dissertation topics
what is a thesis statement

thesis editing services
custom dissertation writing service

thesis tutor
purchase dissertations

dissertation proposal writing service
best dissertations

buy dissertation online
doctoral dissertation example

best dissertation writing service review
education dissertation ideas

dissertation research topics
editing services for dissertation

best dissertation
thesis proofreading service
help with thesis writing
best dissertation
master thesis writing service
how to publish thesis

example of dissertation
thesis essay examples
sample dissertation prospectus
write my dissertation
thesis editing service
dissertation writing services reviews

help me write my thesis statement
phd thesis topic

phd dissertation format
dissertations topics

uf dissertation template
how to write a dissertation

thesis paper samples
dissertation writing services cost

science thesis topics
write my paper

http://eldragonet.com/index.php/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=28425

 

(無題)

 投稿者:installmentloans  投稿日:2017年 9月23日(土)15時45分36秒
返信・引用
  how to pay off loans  installment loans online  get loans now  online installment loans  cash loan with bad credit

https://installmentloansmaster.org/

 

百瀬さんの記事

 投稿者:ころ  投稿日:2017年 9月14日(木)20時13分10秒
返信・引用 編集済
  今月のプレイヤー誌に百瀬さんのインタビュー記事が載っていました!来月は安井さん、再来月は八塚さんらしいです!  

Re: HD-701とHD-115ATB

 投稿者:やま  投稿日:2017年 9月 5日(火)11時04分32秒
返信・引用
  > No.4011[元記事へ]

G3様


お返事遅くなりました!
またたくさんのモデル教えて頂いてありがとうございます!

そう、仰る通り もともと私マホガニーの暖かい音色が好きなんです。
MARTINのD-18を15年程前に購入して 所有してまして。

先日御茶ノ水のen guitarさんに行って HEADWAYギター 色々試奏、またお話伺って来ました。
教えていただいたモデルは無かったのですが マホも弾いてきました。確かにMARTINとは違う素晴らしいサウンドでした!!!
HD-308は復刻版でしたが弾くことが出来ました。マホなのに剛性感がある強い鳴りですね!たしかに昭和風味というか硬さは少しありますが とても良い音でした。
そこにはHD115ATBの 2009 2013 2015 2017各年式, D-701 HF-415ATB HD-045 HD-280
とよりどりみどりで 笑


今私は 1本がD-18 マホで
もう1本 パーラーギターに嵌っていたのもあり
WASHBURN 1902製(アディロン、ハカランダ)のニューヨーカーの2本が今の所有物です。

なのでもう1本はブラジリアンやニューハカランダのようにバリッとして無い 豊かで 華やか、ドスンの音色のローズウッドものを!と思って探していたんです。
先に説明すべきでした、すみません。

それでひとまずMARTINを弾いてみたんですが
D-28は現行、カスタム ビンテージどうもしっくり来なくって。

コリングスもボジョアもYAMAHAもMARTINも素晴らしいギターだと思うんですが、
というか自分としては あの値段に見合った価値と音がどうしても見出せなかったのもあって。その点HEADWAYギターはどれも価格以上の音質、音圧で。
あとはMADE IN JAPANって印字されてるのにすごい痺れました。

その時に出逢ったのが先の2本だったんです。
今は別の店で弾いたHD-115ATB 2013か
en guitarさんで弾いた2015まで絞りました。
2013は派手でブリブリした音ですがメロウでやっぱり好きでした。
2015は凄い完成された音でこれまた 素晴らしい出来ですね!

2017年のは触るだけで音が溢れ出てくる感じでしたが
音のキャラがちょっと明るすぎたかな、と。

同じ型番でも 年式、素材であんなに違うと迷いますね。
もう別の型番でも良いんじゃないかって思うくらい。笑

其々の年式内個体差という面ではHEADWAYはそんなに気になりませんが
カタログスペックでは計れないですね
ぶっちゃけ材なんかで選ぼうとしてた自分が馬鹿みたいです。
弾いてみて たまげました。
でも目移りしてしまうので 絞り込んだギターで答えを出そうと思います。

G3様の所有ギターのスペックも素晴らしいですが
それに付随する思い出と経緯もとても興味深く拝読しました。
ありがとうございます!!!

HEADWAYオーナーまであと一歩です!! 多分 笑
 

Re: HD-701とHD-115ATB

 投稿者:G3  投稿日:2017年 8月31日(木)17時10分19秒
返信・引用
  やま 様

たびたび失礼致します。

1本で済むならそれに越した事はないと思いますよ(笑)。

「両方欲しい!」といった衝動を抑制できるか分かりませんが、「百瀬さん作のギターは、ローズウッドよりもマホガニーの方が良い」と感じているユーザーが多数おられます。私自身もそう思います。HD-703、HD-503、HD-322の中古が出るのを待っても良いと思います。中古であればどのモデルも15万円前後で購入できるものと推察されます。生産数が15本と少ないため手に入れば幸運ですが、HD-515W(シリアルNo.878~892)が、やま様の好みに合っているような気が致します。HD-322も行けると思われます。

一昨日のやま様の投稿内容から、HD-308は止めといた方がいいかな・・・と思います。ちょっと音が硬すぎる気が致します。

HD-515W:http://www.geocities.jp/headway_coro/new-guitars/hd-515w/hd-515w.html
HD-322:http://www.geocities.jp/headway_coro/new-guitars/hd-322/hd-322.html
 

Re: HD-701とHD-115ATB

 投稿者:やま  投稿日:2017年 8月31日(木)09時40分57秒
返信・引用
  > No.4009[元記事へ]

G3さんお返事ありがとうございます!


仰る通り115にかなり惹かれています(笑)

贅沢な悩みかもしれませんが
個体の鳴りが素晴らしいのでバンドでのアンサンブルには向くのか、とか
もう少し締まったシャープな音がいいのか、とか
悩みは尽きません。
1本で済まそうとするからダメなんですよね
ああ どっちも買ってしまいたいです(苦笑)

本当に貴重な情報もありがとうございます!!
音質満足度も所有満足度も大事なファクターなので
じっくり(誰かが手に入れる前に)考えて答えを出そうと思います。

手に入れた暁にはHEADWAYオーナーとして
こちらにまた参加しようと思います!!

ありがとうございました!!!
 

Re:HD-701とHD-115ATB

 投稿者:G3  投稿日:2017年 8月31日(木)00時34分27秒
返信・引用
  やま 様

HD-701とHD-115ATB・・・やばい二択っすね。
おっしゃっている内容も、迷っておられる理由も、とても良く伝わります。

結論:
すごく迷いますけど、私だったら「HD-115ATB」を選定します。

理由1:
確かに「百瀬作」の付加価値は捨て難いです。百瀬さんもご高齢ですので、引退でもされた日には、701の方が市場価値は上がるかも知れません。しかし、やま様の文面を読んでいると、115ATBの音の方が気に入っておられるように感じ取れるからです。

理由2:
また「115ATBはとんでもない爆音で」とか「こんな音圧のギターを弾くのが初めて」といった表現から、かなりの「当たりギター」と感じ取れるからです。「アディロンダックのギターは製造直後1~3年の間にどれだけ弾き込むかで将来の音が決する」と本気で持論を展開されている方もおりますので、やま様がお手にされるまでの間に、きちんと弾かれてきた115なのでしょう。

理由3:
やはり「材料」と「造り」が良いからです。ブレーシング材までアディロンにすると、かなり音圧が違いますよね~。画期的という言い方をしても過言ではないと私は思っております。また「ATB」の冠が付いているギターは、百瀬さんのスピリッツを色濃く継いだお弟子さんが製造しており、今や百瀬ギターと比べても負けず劣らずの音を出せるまでになっております。

まとめ:
「将来の市場価値の上昇を期待しながら百瀬ギターを所有する満足感を優先するならHD-701」で、「自分の気に入った音で音楽を奏でたいのであればHD-115ATB」といったところではないでしょうか。そうなると、やま様の場合は「115ATBなのかなぁ」と。

補足1:
HD-701は2007年から製造開始ですので、2004年製ではないと思われます。

補足2:
ちなみにその頃のギターを製造した百瀬さんご本人から言わせると「まだまだ駄目だ・・・」そうです(笑)。「いやいや!そんなことないっすよ!良い楽器ですよ!」とフォローしたのですが返事もしてくれませんでした。「すげぇ、本物の職人だ・・・」と慄いたことを記憶しております。HEADWAYのギターには、そういった職人としての熱い想いが込められていることもご承知おき下さい。

以上、ご参考まで。
 

HD-701とHD-115ATB

 投稿者:やま  投稿日:2017年 8月30日(水)15時36分44秒
返信・引用
  はじめまして。今HEADWAYギターとアコギの猛勉強中でして。
お力添え、というか背中を押して頂きたい、というのが本音なのですけれど。


今候補に上がっている個体で
HD-115ATB 2013(アディロントップ アディロンブレーシング)
HD-701 2004年(シトカトップ)
というので悩んでいます。

2013 HD-115ATBはとんでもない爆音で割と丸い音がしておりました。
HD-701も硬質というよりは丸いのですがそれでも上、下ジャキーンって感じ(伝わりますか?)
ギターの本道のような音で。

出音が全く違うので 悩んでいます。

HD-115はもっと硬質で低音が出ないと聞いていたんですが暴れるくらいの鳴りっぷりで、こんな音圧のギターを弾くのが初めてで(MARTINのマーキスとかでもここまでは感じませんでした) 当初こっちにしようと考えていたのですが 701はもっと音が変わってくるから、とか百瀬さん作だから、もっと先の未来に必要なのはこういう音とか尾ひれを付けられまして 笑

個体差は当然あると思うんですが どちらも弾いたことのある方いらっしゃいますか?
ストロークプレイもフィンガーもどっちも好きなのですが
其々のギターは どっちの方が向いてるとか、そういうのもあって設計されているのでしょうか?

なんでも良いので どちらかを購入にあたり背中を押して頂ける情報頂けると幸いです!!



 

HD-210

 投稿者:airlmo  投稿日:2017年 8月24日(木)12時08分59秒
返信・引用 編集済
  HD-210(前期)D-28タイプを購入してから感じたことです。

仕様については

トップ:シトカスプルース単板
サイド&バック:インディアンローズウッド単板
ネック:マホガニー
指板:エボニー
ブリッジ:エボニー
ペグ:この個体は国産グローバータイプ(カタログではgrover102c)

トップも目の詰まったものでトラ目が見えるほど良質なものとなっています。
エボニーも高密度の良質な本黒檀のように見えます。

音質については

譲り受けた当初は少し荒い感じを受けましたが、弾き慣らしていくと徐々に安定感が出てきて上品な鳴りに大きく変貌してきました。
当初はギターアタッチメントを装着して安定感を得ていましたが、現在はエリクサーのフォスファーブロンズに交換する際にアタッチメントは取り外しました。
取り外しても安定感は変わらずアタッチメントを取り付けていたことでレンジを広げ、安定感のある鳴りに矯正された感じです。
その後も大音量で箱鳴り感があり、ネックまで振動が伝わるほどギター全体がなっているのがわかります。
弦を弾いた後バックに手のひらをあてたり放したりするとワウエフェクトがかかったような感じになるくらい振動しています。
ハイフレットでのサスティーンもローフレットと差が感じられないほどのものです。
バックのインディアンローズウッドの奥行きのある甘い音色が特徴的で、年数が経っているせいか良く言われるヘッドウェイ特融の硬質感は感じられずとても艶やかで色気のある音質でした。

全体的にレンジの幅が広く、ふくよかな音質ですが扱いやすくて弾けば弾くほどどこまでも追従してくる感じはついつい感情移入してしまうほどです。

低音はJ45のドスンとする感じとは異なりゴーンと響くピアノのような感じで、高音はJ45のマホガニーのクリアで暖かい音と比べるとプレゼンスの効いた耳触りのよい爽やかな音質になっています。
購入前はもっと輪郭のはっきりしたヘッドウェイの硬質感をイメージしていたのですが、イメージしていた音とは大きく異なりとても良い意味で裏切られたような感じです。
HD-210を購入後に機会があるたびに知り合いや楽器店のD-28の鳴りを確かめてみるのですが明らかにこの個体が鳴っているのを感じることができます。

これほどのギターを製作できる技術にはたいへん驚いています。
ヘッドウェイ恐るべしです。
某オークションサイトでもごく稀に出品されているのを見かけることがありますが、音質だけで考えても高値が付いてしまうのは頷ける気がします。
今は弾き慣らす度に音質の変化が楽しめるため昨年購入したJ45が影を潜めている感じもありますので、曲を選んで用途で使い分けができるように練習してみたいと思います。
ちなみにこちらに表現する音質などはもちろん個人の主観になりますので、所有している個体を贔屓目に見ているところもあると思います。
あくまでも個人の趣きによるものですので私の自己満足だと見ていただけると助かります。
 

HD-210(前期)D‐28タイプ

 投稿者:airlmo  投稿日:2017年 7月14日(金)14時39分44秒
返信・引用 編集済
  HD-210(前期)D-28タイプを購入しました。
先日こちらの掲示板にてご案内していただきましたD44M様にご相談しましたところ通常仕様よりグレードの良いHD-210をとても良心的な価格でご提供いただけるとのことで、遠距離でしたのでメールで何度も細かな質問攻めに丁寧にご対応いただいておりましたので無理をしてでも何とかして購入したいと考え手持ちのギターを売ったり日々節約生活をして小銭を貯めていたのですが、なかなか思うように予算が確保できなくて悩んでおりました。
その矢先にひょんなことから別でHD-210を譲っていただけるという方があらわれまして、そのHD-210はお父様から譲っていただいたそうですがギターを弾くこともなく場所をとるため処分したいとのことでなんとオリジナルハードケース付きの価格は定価の1/3以下でも良いとのことでした。
私の少ないお小遣いで手が届く範囲に収まっており実際に手にとって確認しましたところ弦はさびさびでしたが非常に音質の良いものでしたので手放せなくなりましてその場で購入させていただくことになりました。
さすがheadwayのギターだけありネックの状態は良く、中年の所為かほんの少しお腹が出ておりましたが弦高も調整範囲でベストコンディションのHD-210(前期)でした。
シリアルは2000番台中頃でこちらのHPに掲載されているものを参考に考えると79年のものではないかと思われます。
音質的には経年で材が乾いていることもあり低音~高音まで音量が非常に大きくて79年製のD-28と比較しますとほんの少し上品さが欠けるようにも聞こえましたので弦にギター弦アタッチメントなるものを装着しましたらバランスが良くなり79年製のD-28がそのまま音量が大きくなりナチュラルリヴァーブが増幅したようなイメージの音質になりました。
HD-210のカタログを見るとペグがGrover102cとなっておりましたが、譲っていただいたHD-210のペグの形状はGrover102cなのですが、ペグの裏にGroverという文字が書かれていないためもしかすると前オーナーのお父様がペグの交換をされたのかもしれません。
ビンテージのペグではないかもしれないので少し残念な気はしますが、なんといっても地味な私ですのでHD-210(前期)の素朴さと音質重視の私にとっては然程問題はないところです。
こちらの掲示板ではいろいろ相談にのっていただきましたG3様やD44M様にはたいへんお世話になりました。おかげさまで念願のHD-210(前期)を手元に置くことができたいへん感謝しております。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
headwayのファンの方は紳士的でやさしい方が多くてとても感銘を受けております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 

Re: HD309Rにつきまして

 投稿者:たま  投稿日:2017年 6月 6日(火)13時37分53秒
返信・引用
  > No.4004[元記事へ]

新300シリーズは通常のシリアルナンバーではなく新300シリーズとしてのシリアルナンバーが付いているという記事を見つけました。ありがとうございました。



たまさんへのお返事です。

>  先日お尋ねしたHD309Rは友人がゲットしましたので音は後日弾かせて戴く予定ですが、シリアルナンバーのことで教えて戴きたいことがあります。
>
> この"ヘッドウェイ最高"の"新300シリーズ"の記事のなかには、"2005年12月ごろから正式発売されるニュー300シリーズ。そのシリアルナンバー1番のHD309....."と書かれています。ということは、新300シリーズは通常のシリアルナンバーではなく新300シリーズとしてのシリアルナンバーが付いているということなのでしょうか?友人が買ったHD309Rもシリアルナンバーが000230番台でした。通常のシリアルナンバー230前後なら2001年頃製造になってしまいます。
>
> どなたかご存知の方、ご教示ください。宜しくお願い致します。
 

Re: HD309Rにつきまして

 投稿者:たま  投稿日:2017年 6月 5日(月)23時04分48秒
返信・引用
  先日お尋ねしたHD309Rは友人がゲットしましたので音は後日弾かせて戴く予定ですが、シリアルナンバーのことで教えて戴きたいことがあります。

この"ヘッドウェイ最高"の"新300シリーズ"の記事のなかには、"2005年12月ごろから正式発売されるニュー300シリーズ。そのシリアルナンバー1番のHD309....."と書かれています。ということは、新300シリーズは通常のシリアルナンバーではなく新300シリーズとしてのシリアルナンバーが付いているということなのでしょうか?友人が買ったHD309Rもシリアルナンバーが000230番台でした。通常のシリアルナンバー230前後なら2001年頃製造になってしまいます。

どなたかご存知の方、ご教示ください。宜しくお願い致します。
 

HD309Rにつきまして

 投稿者:たま  投稿日:2017年 6月 3日(土)10時26分56秒
返信・引用 編集済
  またまた教えて戴きたいのですが、HD309Rの音ってどんな感じですか?トップ単板でサイドバックがローズの合板。2005年から作られた百瀬ヘッドウェイの500シリーズとは別の300シリーズの廉価版のようです。やはり百瀬さんが作っていないのでイマイチでしょうか?それとも優秀なお弟子さんが作っていてある程度満足出来るものなのでしょうか?ネットで調べてもあまり詳しく載っておりませんでした。宜しくお願い致します。  

Re: G3 様

 投稿者:airlmo  投稿日:2017年 4月 4日(火)12時19分11秒
返信・引用
  > No.4001[元記事へ]

D44Mさんへのお返事です。

D44M様

ご連絡たいへんありがとうございます。
のどから手が出てしまいそうなほどとても興味があります。
気持ちの上では手元にあるお金になりそうなものをすべて売り払って
すぐにでもお譲り頂くことができましたらそれはもう「headway guitar最高!」と
手ばなしで飛び跳ねて喜ぶ姿が目に浮かんでしまいます。

しかしながらsen様のギターはたいへん高価なもので、現状予算的に
厳しいものになり無駄に時間をとらせてしまってご迷惑をになるのではないかと
按じております。
もしご相談させていただくことが可能でしたらいろいろと検討したいこともございます。
またご迷惑でなければ実際に試奏など可能な範囲でお願いする事ができましたら
良いのですが。
このような多くの方が閲覧されている掲示板ですので
どのような方法でコンタクトさせて頂ければ良いのか判らないのでとまどっております。
どうぞよろしくお願いします。



> airlmo様
> 「sen様のギター」御希望でしたらお譲りできます。
> (管理人様、不適切でしたら削除下さい。
 

Re: G3 様

 投稿者:D44M  投稿日:2017年 3月19日(日)13時17分42秒
返信・引用 編集済
  > No.3987[元記事へ]

airlmo様
「sen様のギター」御希望でしたらお譲りできます。
(管理人様、不適切でしたら削除下さい。
 

Re: HD115

 投稿者:hayatemaru  投稿日:2016年12月27日(火)20時39分27秒
返信・引用
  chayaさんへのお返事です。

ありがとうございます、意見参考にしたいと思います!
 

Re: HD115

 投稿者:chaya  投稿日:2016年12月27日(火)11時37分30秒
返信・引用
  > No.3994[元記事へ]

hayatemaruさんへのお返事です。

はじめまして。hayatemaruさんよろしくお願いします。
弾きやすさは、私には大差ありませんでしたが、音色はだいぶ違いがあります。
価格差相応にATBは素晴らしいです。 予算出せるならHD115ATBが良いですよ!



> 購入前に悩んでいます、価格的にはSTDが安くて手を出しやすいのですが。
> ATBの方が音や弾きやすさがいいのでしょうか?
>
> どちらも弾いた方はいらっしゃいますか?ギターの評価がきになります
 

HD115

 投稿者:hayatemaru  投稿日:2016年12月22日(木)01時26分28秒
返信・引用
  購入前に悩んでいます、価格的にはSTDが安くて手を出しやすいのですが。
ATBの方が音や弾きやすさがいいのでしょうか?

どちらも弾いた方はいらっしゃいますか?ギターの評価がきになります
 

ライダーR500D

 投稿者:ダンメール  投稿日:2016年12月16日(金)15時00分26秒
返信・引用
  『Rider R-500D ピックアップ内…(¥50,000)』 フリマアプリ「メルカリ」で販売中♪ https://item.mercari.com/jp/m348486291/  

Re: HD-115 2004 LTD

 投稿者:G3  投稿日:2016年12月15日(木)16時07分42秒
返信・引用
  > No.3989[元記事へ]

かつさんへのお返事です。

同感です。カルパシアンレッドスプルースの反応の良さ、ホンジュラスローズウッドの硬質感、シトカ材を用いた16tノンスキャロップブレーシングの腰と粘りと力強さ、100mm超のボディ厚から得られる奥深く美しい余韻、上質な本鼈甲ピックガードなどなど、本当に素晴らしい逸品だと思います。

やはり旧型には旧型の良さがありますよね。今の百瀬カスタムの作り方では、全く同じ素材を使ったとしても、04’LTDと同じ硬質感は出ないと思います。私も色々と研究して自分でオーダーをかけたこともあったのですが、夜な夜な手にするギターは「MPオグチ カスタム」か「04’LTD」に落ち着いております。

お互い大事にしましょうね!
http://www.geocities.jp/headway_coro/new-guitars/2004ltd_2/hd-115dx-2004ltd.html
 

Rider R-500D 追加画像

 投稿者:越智メール  投稿日:2016年12月15日(木)15時32分51秒
返信・引用
  つい画像です。  

rider r-500d 01695

 投稿者:おちメール  投稿日:2016年12月15日(木)15時23分39秒
返信・引用
  Rider R-500Dを5年位前に入手して大切にしてきましたが、嗜好が変わってしまい使用する頻度が少なくなったので手放そうと思います。
入手時にネックブロックが浮いていたのを膠で接着して5年間問題ありませんでした、ピエゾピックアップを後付けしてあります。
目立った傷などはありません、ハードケースもあります、使ってないので古いわりに綺麗です。
どなたか興味が有りましたらご一報ください。

 

HD-115 2004 LTD

 投稿者:かつメール  投稿日:2016年12月14日(水)03時31分5秒
返信・引用
  M楽器の方がおしゃっていました、 HD-115 2004 LTD (限定20本) このギターを探しているファンが結構いるんですよ。百瀬作の中でも飛びぬけてるギターだと。サイド&バックの柾目のホンジュラスローズが硬質で質量があり最高のものを使ってるね!だって...
私も予約して購入したので、優越感に浸っています。本当にいいギターになってきたと思います。

http://

 

 投稿者:かつメール  投稿日:2016年12月14日(水)02時54分0秒
返信・引用
  ギター弦アタッチメント 響 なるものをオークションで手に入れていまいちなギターに装着、
なんてこでしょう~ 音がでかい サスティーン増加 クリアでハーモニックスもキラキラ。
金属製の球体の玉に穴があいてまして弦をその穴にとうしギターにセット。4ミリ&4.7ミリがあります。4.7ミリのほうが効果は大きいと感じました。皆さんもトライしてみてください。
ヘッドウェイのギターにも全部取り付けますよ。
 

G3 様

 投稿者:airlmo  投稿日:2016年10月14日(金)13時22分33秒
返信・引用
  G3様いつも丁寧なお返事ありがとうございます。

ほんと奇跡ってあるものですね、といいますか私が勝手に奇跡にしていた節もありますが。
J-45同様に嫁さんも大切にしないといけないなと強く感じました。

音の輪郭についてはheadwayの音づくりの特徴ということで、少し考え直してみようかと思います。イメージはgibsonのJ-45マホガニーとは対照的に特に高音域のはっきりした音を求めています。
いままでは想像だけでローズウッドでしたら求めるような音になるのかと安易に考えておりました。

ご提示いただきましたCUSTOMシリーズもしくはATBシリーズについてもとても魅力的なギターばかりで想像するだけで軽く興奮してしまいます。
しかしそれらの現行品の価格を見ると私にはハードルが高くて、手が届きそうにないのが現実かと思っております。

いま検討しておりますのが、先にコメント致しましたHD-115・HD-110・HD-210又はHD-313・HD-311辺りの販売当初10万円前後の定価のものが中古ででてくると望ましく思っております。ギターコンディションについては音に影響がない程度で高くは望まないようにしておりますので、いずれ出会える可能性はあるのかと考えています。

HD-115・HD-110・HD-210それぞれの仕様の違いにつきましては、G3様がお示しのように、音に大差は無いということでありましたら、求めている音の幅が広がったように感じております。

HD-210の前期・後期の違いについては後期がサイド&バックが合板で見た目にもバインディングや指板のポジションマークなどの装飾も後期の方が豪華に仕上がっていました。こちらのHPの「お宝ギター紹介」に掲載されておりますsen様のギターが前期でフミ様のギターが後期の仕様になっているようにお見受け致します。
個人的には人間が地味ですので、派手なものを持つとギターに負けてしまいますので前期のHD-210を候補に挙げているのも一つの理由です。
headwayをはじめて知ってからまだまだ日が浅く、知識も薄弱なためこれからじっくりと研究していきたいと考えています。
G3様にはいつも詳しく教えていただきましてたいへん感謝しております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 

airlmo 様

 投稿者:G3  投稿日:2016年10月13日(木)14時07分39秒
返信・引用
  いや~・・・久し振りにネット掲示板で爆笑しました。
面白かったです。ありがとうございました。

40万円のJ-45!! 素晴らしい。奥様に感謝ですね。

>音の輪郭のしっかりしたものを求めて・・・

ということでありましたら、別にローズウッドにこだわらなくても良いと私は思います。CUSTOMシリーズもしくはATBシリーズであれば、ローズウッドやマホガニーの区別なく、音の輪郭はしっかりしております。それがHEADWAYの音作りの特徴ですからね。

>どなたかこれらの違いを・・・

「百瀬カスタムのHD-115とHD-110の違い」ということでよろしいのですよね?え~・・・「ヘッドのR」が違います(笑)。その他、外観がHD-115の方が少し豪華ですね。HD-110はシンプルにD-28と同じ外観です。材と内部構造と製造時期はほとんど同じですので、音に大差は無いはずです。

おっしゃっているHD-210の前期、後期の違いについては存じませんが、「前期がD-28タイプで後期がD-41タイプ」という言い方から推察するに、「ブレーシングにスキャロップが入っているか否か」ということなのでしょうか?仮にそうだとすれば、「HD-210(前期)、HD-115、HD-110の3つは同じD-28タイプ(シトカトップのインドローズサイドバック、ノンスキャロップで駒下インドローズ)であり、音も概ね同じである」という結論でよろしいかと思います。

以上、ご参考まで。
 

Re: RE:HCD-50Sについて

 投稿者:airlmo  投稿日:2016年10月13日(木)11時07分3秒
返信・引用
  つい先日、HCD-50Sについてご質問させていただいたairlmoです。
ご報告と新たなご質問を兼ねて書き込みさせていただきます。
先日はHCD-50Sの質問の中で3年くらいは様子を見ようと考えることにしていたのですが、思わぬ急展開に発展し奇跡が起こりました。
それは予てより購入を夢見ておりましたgibsonのj-45の写真を何気なく嫁さんに見せたところ

嫁「これが欲しいの?」
私「う~ん、夢だね」
嫁「欲しいなら買ってもいいよ」
私「???」
嫁「いつも何も欲しがらないから、たまには自分の欲しいものを買ったら?」
私「子どものおもちゃを買うような金額ではないんだよ」
嫁「いくら?」
私「40万円くらいする」
嫁「いいんじゃない」
私「へ?」
嫁「でも、あなたが何を目指してるのかわからないけど」
私「いや特になにも目指してはいないんだけど・・・趣味で」
嫁「仕事ばかりでたまには息抜きする時間も必要でしょ」
私「うんうん」

といった2・3分少々の経緯でj-45を購入してしまいました。
いままで言っても無駄だろうと思い込んでいたばっかりに完全に諦めていて、一度も口に出していませんでしたが、もの欲しそうにネットでギターばかり眺めていた私の後ろ姿から静かな熱意を感じるものがあったと言われました。
そこで私が今までコツコツとヘソクリしてきたことも正直に話すと「まめな人やねぇ」って言われたのでした。
先日のコメントで嫁さんにこづかいを握られていると言ってしまったことを後悔して、嫁の名誉のためにもこちらにご報告させていただきました。
そのj-45は一生ものとして大切に弾き込んでいこうと考えているのですが、それでもやはり一度取りつかれたheadwayの魅力に後ろ髪を引かれるような思いで、いままで貯めてきたヘソクリでなんとかもう一台headway(最後の一本にしたい)を購入することができないかと夢見ています。
購入したj-45はトップ:アディロンダックスプルース、サイド&バック:マホガニーですので、音量も申し分なく繊細で低音の効いた暖かみのある豊かでハイファイな素晴らしい音で鳴ってくれます。
先日の質問でサイド&バックはローズウッドを探しているとコメントさせていただいたのもheadwayに限っては音の輪郭のしっかりしたものを求めておりまして、いろいろ物色しておりましたら、Guitar Art'sという楽器屋さんに77年製のHD-210(前期)が売られていました。
HD-210(前期)はD-28タイプということで、HD-210(後期)のD-41タイプよりも魅力を感じています。
そこで疑問が湧きあがってきてHD-115もD-28タイプ(年代による?)とのことですが、HD-210(前期)との違いが気になってしまいます。
また先日G3様から教えていただきましたHD-110についてもD-28タイプ(年代によりますが)とのこと、どれも魅力的なギターですが、どれもD-28タイプのものなのに型番が異なっています。それなのに仕様はトップ:スプルース単板、サイド&バック:ローズウッド単板と似たような仕様になっています。何か決定的な違いを確認しようといろいろ調べてみましたが、HD-115のサイド&バックがインディアンローズウッドとなっているということぐらいで、あまりよく分かりませんでした。
どなたかこれらの違いをご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しく思います。
長々とコメントたいへん失礼しました。
これからまたコツコツと気の遠くなるようなヘソクリをして一生もののheadwayを夢見て頑張ってみようと考えています。どうぞよろしくお願いします。

 

Re: RE:HCD-50Sについて

 投稿者:airlmo  投稿日:2016年 9月29日(木)12時53分16秒
返信・引用
  > No.3983[元記事へ]

G3様へ

お返事拝見いたしました。
とても詳しく教えていただきましてたいへんありがとうございます。
早速「HD-308」、「HD-110」、「HD-515W」をインターネットで検索してみました。
どれも魅力的で物欲が湧いてしまいます。中でも「HD-110」はサイド&バックがローズウッド単板ということと中古で10万円以内に納まっているということもありとても惹かれています。
しかし10万円という大金を貯金する為には単純計算であと8年くらい掛かってしまいそうです。
本業が忙しくて副業の時間が取れないことと、お小遣いを嫁に握られているため、時間の隙間を狙ってインターネットで地道にポイントを貯める作業をしながら1年で約1万円程度と気の遠くなるようなことをしてお小遣いを稼いでる状況です。(苦笑)
嫁さんの理解と突然の臨時収入を夢見て「HD-110」を購入する為にいまは我慢するかとも考えますが、なかなか現実的ではない様に感じています。
そこでMorrisやYAMAHAなども・・・と思いましたが、やはりheadwayの魅力に取り憑かれてしまっていますのでheadwayを購入したいと考えてしまいます。
中国産の「HCD-50S」は作りはしっかりしているとのことですが、シーズニングが甘いため経年で状態が悪くなってしまうのかと感じています。
「HCD-50S」などのユニバースシリーズを中古で購入して、ナット&サドルを牛骨に変えたり自然にシーズニングを行いながら調整やメンテナンスを繰り返して育てていくという努力を重ねれば、本来のheadwayの音に近づきはしないだろうかと妄想さえしてしまいます。
何れにしてもあと3年くらいは様子を見てみようかと考えます。
いろいろ教えてくださいましてありがとうございます。とても参考になりました。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します。
 

RE:HCD-50Sについて & RE:HD101

 投稿者:G3  投稿日:2016年 9月29日(木)09時31分17秒
返信・引用
  airlmo 様

はじめまして。G3と申します。

率直に申しまして、5万円前後で国産HEADWAYを入手するのはかなり厳しいと思われます。仮に入手できたとしても、その価格帯ではHEADWAYの協力工場が製造したSTDシリーズにとどまり、お手持ちのMD-515との大きな違いは感じられないものと推察されます。外国製のユニバースシリーズより、MORRISやYAMAHAの国産ヴィンテージを狙った方が良いのではないかと個人的には感じます。いわゆる「インターネットでの評価が高いHEADWAY」を入手したかったら、やはり最低でも10万円前後の予算は設定したいところです。2000年代の「HD-308」、「HD-110」、「HD-515W」といった品番でしたら、タイミングさえ良ければ10万円前後で手に入るかと思われます。いずれも品番のお尻に「RE」が付いているモデルは百瀬恭夫作ではないので注意して下さい。

予算的にどうしても厳しければ、私だったら前述のとおりMORRISもしくはYAMAHAのヴィンテージ中古を狙います。MORRISで言えば「MD-525」、「W-40」、「W-50」、「TF-801」、「TF-805」、「M-601」、「M-603」、「M-80」あたり。YAMAHAで言えば「FG-301B」、「FG-351」、「FG-502(韓国製だけど非常に鳴る)」、「L-5(前期or後期)」、「L-6(前期)」、「N-500」といったところでしょうか。

以上、ご参考まで。



Kawauso170 様

はじめまして。G3と申します。
回答が遅くなり申し訳ありません。

HD-101の件ですが、私も情報を持っていないのです。記憶しているのは「ATBシリーズが立ち上がる直前くらいのモデルだったかな?」くらいです。HEADWAYは常にコストパフォーマンスを求めながらも、「品質第一」という姿勢を貫いておられます。その拘りのひとつが「1ピースネック」です。

お手持ちのHD-101のネックジョイントはどうなっていますか?1ピースですか?2ピースですか?1ピースであればATBシリーズの前身、すなわち百瀬さん直属のお弟子さんが製作した可能性が高いです。2ピースでしたらHEADWAY監修のもと、協力工場が製造した外注品である可能性が高いです。

いずれにせよHD-101はノンスキャロップブレーシングですので、おっしゃるとおり弾き込みによる音の変化を楽しむ事ができる良い楽器であると思います。

以上、ご参考まで。
 

HCD-50Sについて

 投稿者:airlmo  投稿日:2016年 9月28日(水)12時34分38秒
返信・引用
  はじめまして
こちらの掲示板ではいろいろ勉強させていただいておりましたが、知りたいことがあり投稿させていただくことにしました。
ここ最近からheadwayの魅力に惹かれて、中古楽器店やインターネットでheadwayのアコースティックギターを物色するようになり、ギター歴は4・5年程度で、いまは中古で購入したMorrisのMD-515を所有しています。
インターネットではheadwayの評価は高く、安価(ユニバースシリーズ)ないわゆる入門用のものでも鳴りの良いギターがあると評価されている方もいらっしゃいます。
良い音のするギターを探すなら20万円以上のものを購入すれば良いのでしょうが、お小遣いも嫁が握っていますので低予算でheadwayを弾くことができると幸せだなぁと考えて、表題に書かせてもらったようにいろいろ物色していましたらHCD-50Sの中古がかろうじて手の届く範囲で売られているのを見つけました。
サイド&バック材はローズウッドを探しておりまして、HCD-50Sは合板ですがローズウッドとなっていましたので購入出来たら良いなと考えています。
そこで質問させていただきたいのですが、トップ単板・サイド&バック合板でも可・2万円以下(中古相場)でheadwayを探すなら他におすすめのものはございますでしょうか?
また中国産は購入当時は良いと聞きますが、国産と比べると経年で状態が悪くなりやすいとも聞きます。もう少しお小遣いを貯めて5万円(1年に1万円貯金程度)くらいまで頑張ると国産の少し良いもの(中古)が購入できますでしょうか?
稚拙な質問で申し訳ありませんが、個人的にはheadwayを購入することが出来たら、たとえ安ものでも一生大事に使っていけたら良いと考えています。
皆様の率直なご意見をお聞かせ頂けるとありがたく思います。どうぞよろしくお願いします。
 

HD101

 投稿者:kawauso170  投稿日:2016年 8月13日(土)22時57分59秒
返信・引用
  2008年のHD101が最近音がよくなってきたような気がします。このギターについて何か情報を知っている方は教えてください。sunriseのS-2をつけてます
 

Re: hf-415SE STDとATBシリーズの違い

 投稿者:たま  投稿日:2016年 6月17日(金)21時05分38秒
返信・引用 編集済
  G3さんへのお返事です。

ご返事ありがとうございます。
ATBシリーズは百瀬さんのまな弟子の匠の域に達したお弟子さんが、STDシリーズは百瀬さんの若手のお弟子さんが作っていると勝手に思っていました。G3さんのお話をお聞きして軽いカルチャーショックを受けました(笑)それじゃかなり違いますよね。

> ただATBとSTDとでは、やはり「作り手」が違います。よって、音も違います。ATBシリーズは飛鳥製、百瀬さん直下のお弟子さん作。STDシリーズのボディ部はディバイザーの協力工場で製造されたもの、いわゆる「外注品」です。一応国産で、海外製ではないようです。
>
> ご参考まで。
 

Re:hf-415SE STDとATBシリーズの違い

 投稿者:G3  投稿日:2016年 6月17日(金)08時19分16秒
返信・引用
  たま 様

>ATBはもっと感動的な音がするのでしょうか?

う~ん・・・人によって好みが違いますので、「感動的か否か」につきましては名言を控えたいと思います。すみません。

ただATBとSTDとでは、やはり「作り手」が違います。よって、音も違います。ATBシリーズは飛鳥製、百瀬さん直下のお弟子さん作。STDシリーズのボディ部はディバイザーの協力工場で製造されたもの、いわゆる「外注品」です。一応国産で、海外製ではないようです。

ご参考まで。
 

hf-415SE STDとATBシリーズの違い

 投稿者:たま  投稿日:2016年 6月14日(火)23時14分50秒
返信・引用
  友人がhf-415SE STDを先日買いました。アディロンダックスプルースとインディアンローズウッドの組み合わせでかなりいい感じだったのですが、hf-415SE ATBはもっと感動的な音がするのでしょうか?G3さんがおっしゃってたようにATBシリーズは百瀬さんの音に近いんでしょうね。残念ながらATBシリーズは弾いたことがありません。どなたかご教示ください。宜しくお願い致します。  

Re: HF-408について教えてください

 投稿者:ちゃーる  投稿日:2016年 6月12日(日)13時00分24秒
返信・引用
  > No.3975[元記事へ]

G3さんへのお返事です。

ご返答ありがとうございます。良くわかりました。
参考にさせていただきます。
 

Re: HD-510

 投稿者:たま  投稿日:2016年 6月10日(金)20時32分9秒
返信・引用
  G3さんへのお返事です。

お返事ありがとうございます!
百瀬さん作と思って大切にします(笑)
HD-510は毎日私を楽しませてくれています。
昭和headwayの良さがやっとわかって来ました。
軽快でパワフルで深みがあって素晴らしいです!

> ○たま様
>
> >1981年製(シリアル7000番台)のHD510は百瀬さん作って可能性はあるのでしょうか?
>
> すみません、ハッキリしたことは分かりません。当時の百瀬さんの肩書は「取締役技術部長」でしたが、「製作のほとんどは百瀬さんお1人で行っていた」とも聞いております。ゆえに、「百瀬さん作」ってことにしちゃってもいいんじゃないですかねぇ(笑)。
 

Re: HF-408について教えてください

 投稿者:G3  投稿日:2016年 6月10日(金)14時56分1秒
返信・引用
  ○ちゃーる様

>・HF-408はこの2種類のみでしょうか?

私が知る限りではその2種類のみです。

>・このふたつの違いは?

作り手が違います。2001年製は百瀬恭夫作。2007年製はお弟子さん作です。音の違いは後述しますが、ボディの厚さも違います。百瀬さん作の方が5mmほど厚いです。

>・音の傾向の違いはいかがなものでしょうか?

百瀬さん作の方がパワフルに鳴ります。私の主観ですが、「ドレッドノートと比べても遜色がない」です。取り回しが良い上にパワフルに鳴りますので、オールマイティーと言えるかも知れませんが、OOOボディ特有の軽やかなニュアンスを求めておられるなら、的が外れると思われます。

この時期のお弟子さん作は・・・う~ん・・・「普通」です。ここ数年の間に技術力が上がり、モデル名に「ATB」というシリーズ名が入っている製品は素晴らしいです。百瀬さん作と比べても遜色はありません。


○たま様

>1981年製(シリアル7000番台)のHD510は百瀬さん作って可能性はあるのでしょうか?

すみません、ハッキリしたことは分かりません。当時の百瀬さんの肩書は「取締役技術部長」でしたが、「製作のほとんどは百瀬さんお1人で行っていた」とも聞いております。ゆえに、「百瀬さん作」ってことにしちゃってもいいんじゃないですかねぇ(笑)。


○とと様

やや!その説明だけで良いギターであることが伝わります!私もレッドスプルースとホンジュラスマホガニーの組み合わせは大好きです。お互い、一生物にしていきましょう。
 

初ヘッドウェイです。

 投稿者:とと  投稿日:2016年 6月 7日(火)17時30分59秒
返信・引用
  はじめまして、今回初めてのヘッドウェイを手に入れました!
元々ヘッドウェイが良いという噂は聞いていて色々調べていた所ではあったのですが、楽器屋にはマーチンのD18を買いに行きました。
そこにヘッドウェイが何本かあり、噂を確かめようと3本のヘッドウェイとマーチンの80年代D18、マーチンD18の現行二本、gibsonのj45数本、テイラーなどを試し弾きしました。
これだけ弾いた中でダントツで音がよく、弾いた一発目にインパクトというかなんだこりゃ!っていう感動があったのがD18仕様のヘッドウェイでした!
ヘッドウェイは本当にどこをとっても素晴らしいギターですね。
音質が硬いと言われていたのですがマホガニーだからか自分のものは硬質な音ではなく音にねばりがありかなり気にいってます。
購入したのは、レッドスプルーストップ、ホンマホサイドバック&ネックで指板&ブリッジがエボニーでヘッドロゴなしの百瀬さん製作というふれこみのHD-customです。
一生ものにしたいです。
 

Re: HF-408について教えてください

 投稿者:ちゃーる  投稿日:2016年 6月 4日(土)12時05分45秒
返信・引用
  > No.3970[元記事へ]

たまさんへのお返事です。

ご返答ありがとうございました。

> 408は百瀬さん作ではないのでしょうか。
そうなんですね、それは結構大きな差かもしれません。
 

HD-510

 投稿者:たま  投稿日:2016年 6月 4日(土)00時06分34秒
返信・引用 編集済
  こんばんは。つい先日1981年製のHD-510を手に入れました。お宝ギターの感想を見てるとかなり良さそうでしたので買ってみてワクワクしながら先程初めて弾いたのですが、いいですね~!なんとも言えない心に響く感じが素敵です。所有しているHF408Reはやはり形状からストロークするには少し違う感じでしたが、HD510はとても軽快になってくれます。1981年製(シリアル7000番台)のHD510は百瀬さん作って可能性はあるのでしょうか?  

Re: HF-408について教えてください

 投稿者:たま  投稿日:2016年 6月 3日(金)23時41分45秒
返信・引用 編集済
  ちゃーるさんへのお返事です。

こんばんは!HF408Reを持っています。HF408は弾いたことがないので音の違いはわかりませんが、最大の違いは408Reがスタンダードシリーズで百瀬さんのお弟子さん作、408は百瀬さん作ではないのでしょうか。違ったらごめんなさい^ ^
 

HF-408について教えてください

 投稿者:ちゃーる  投稿日:2016年 6月 2日(木)11時11分33秒
返信・引用
  初めまして、ちゃーると申します。
Headwayギターの000-18タイプが欲しいと思い、調べているうちにこちらにたどり着きました。
下記内容をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

000-18タイプでは、HF-408が予算的にもちょうどよいかなと思っているのですが、2001年のHF-408と2007年のHF-408Reの二つがありました。ここで、質問なのですが、

・HF-408はこの2種類のみでしょうか?
・このふたつの違いは、トップがシトカかイングルマンか、指板とブリッジがインディアンかエボニーか、ペグがオープンバックかロトマチックか、ヘッドロゴが埋め込みかデカールか、定価が18万円台か15万円台か、ケースがハードかギグバックか、までは分かったのですがそれ以外にありますでしょうか?
・個人の好みもありますでしょうが、音の傾向の違いはいかがなものでしょうか?

過去ログで調べようとしましたが、過去ログのみなぜか文字化けで見れませんでした。よろしくお願いいたします。
 

Re: 回答:復刻版HD-115

 投稿者:たま  投稿日:2016年 2月 3日(水)23時13分28秒
返信・引用
  G3様

早速のご回答誠にありがとうございます。ここで質問させて戴くと、headwayに関しましてほぼ全てのことがわかりますね。凄いです!
 

回答:復刻版HD-115

 投稿者:G3  投稿日:2016年 2月 3日(水)13時10分44秒
返信・引用
  たま様

その情報からですと、百瀬さん作で間違いございません。
その頃はまだトップ板の裏に百瀬さんのサインが無い個体が多いですが、百瀬さん作の製品です。
若干テンションが強めではありますが、旧型HEADWAY特有のダイナミックなノンスキャロップを楽しめます。

2005年末あたりから、お弟子さん達が製作に携わるようになり、STDシリーズが立ち上がります。よって、それ以前に製作されたものは「お弟子さんの手を介すことなく、ほぼ百瀬さんがお1人で製作されていた」と考えてよろしいかと思います。
 

復刻版HD-115

 投稿者:たま  投稿日:2016年 2月 3日(水)10時11分33秒
返信・引用
  いつも楽しく読ませて戴いております。

さて、2001年に128本限定で製作されましたHD-115は百瀬さん作なのでしょうか?
おわかりになられる方がおられましたらお教えください。

宜しくお願い致します。
 

G3さん、けんケンさんありがとう

 投稿者:うくれれのん  投稿日:2016年 2月 1日(月)20時39分21秒
返信・引用
  G3さん、けんケンさんありがとうございました。
サンプルホールの感じを実感する為、持参の
ギターの何か?を思い切って穴開けして改造してみようかと。

また、何かありましたら宜しくお願いいたします(^^;)。
 

2016 HD-115/ATB 購入!

 投稿者:かつメール  投稿日:2016年 1月30日(土)19時38分32秒
返信・引用
  2016年 限定50本特別制作モデルのHD-115ATB シリアル♯1/50 購入しました!
百瀬氏のもとで腕を磨いた飛鳥チームの製作ですが、このギターは今までのヘッドウェイにはないトップの反応の良さとアタック音の抜けの良さ、プレーン弦のチーン~が気持ちいい!
今までのヘッドウェイにある新品時の音の硬さもなく素晴らしい出来だと思います。

アディロンダックスプルースをトップに、バックにはマダガスカルローズウッド、ホンジュラスローズウッドの3ピース材を配した高級感ただようモデルで
指板からヘッドにかけてのツリー・オブ・ライフ、ピックガードのワンポイントなど見た目の豪華さも今までの限定モデルを超える仕様です。
アディロンダックスプルースと3ピースバックの相性が非常に良く、サスティン豊かで空間に広がるような鳴り!!!
ヘッドウェイのスタッフ曰く「飛鳥チームビルド史上一番いい音がするギター」を言わしめた特別モデルだけあります。


 

swing!

 投稿者:けんケン  投稿日:2016年 1月30日(土)02時59分45秒
返信・引用
  こんばんは。
去年、HC-soloistを購入し、ファーストインプレッションを投稿したものです。
Swingは、soloistの兄弟機ですね。サイドバックと細かい作りは違いますけど、基本的な形状は同じですね。

soloistはローズモデルなので音は参考になるか分かりませんが、メイプル材を使用しているのでローズほどはサステインは無いようですが、歯切れのよい、ジャズに合う音と言われています。
soloistは、サステインの長さも適度に締まった低音も素晴らしく、G3様がおっしゃるように手作り感たっぷりの素敵な音を奏でてくれます。ストロークした時の音のまとまり具合は他のモデルに一歩譲ると思うので、その辺りは用途次第でしょうか。

ネックの握り具合ですが、三角形状ではない、ソロギターにとても合う握りやすい形状で、44.5mmのナット幅など微塵も感じさせない、素晴らしいネック。さすがHeadwayです。
エレキをご存知でなければこの例えは分かり辛いかもしれませんが、Martinの000-28ecがフェンダーのストラトだとすると、soloistやSwingはさしずめIbanezのj-customのWizardネックでしょうか。分かり辛いですよね、すみません(笑)
けど、よほど指が短い方でなければ、とても弾きやすいと思います。

ピックアップはあまり使わないのでレビューできずすみませんm(_ _)m
充電はお尻にアダプターを直接差して1分待つだけなので、とてもラクちんですよ(^-^)♪

何はともあれ、実際に弾かれるか、中村たかしさんの演奏を参考にされるのが近道かと思います。
 

hcーswingの件ー2

 投稿者:うくれれのん  投稿日:2016年 1月27日(水)20時15分51秒
返信・引用
  ザックリとした質問ですいませんでした。色々勉強になりました。
映像の1,3の方が知っている人だったので参考になりました。2が見れなかった??
サンプルホールが気になっていましたが、期待できませんか?
ピックアップ、アンプ用充電システム、ネックの握り具合等はどうなのでしょうか?
中村さんというギタープレヤーも使用との事
情報ありましたら、改めまして宜しくお願い致します。
 

回答:HC-SWINGの件

 投稿者:G3  投稿日:2016年 1月27日(水)15時17分37秒
返信・引用
  むむ・・・。
何ともざっくりした質問でポイントが絞れませんが、思い付く事を箇条書きいたします。

・「メイプルの音の特長」、「ヨーロピアンスプルースの音の特徴」、「フォラードシフテッドの音の特徴」などにつきましては、ググって調べて下さい。
・参考URL:http://www.guitarholic.com/yom/yom_29.html
・百瀬さん直下のお弟子さんが作っているATBシリーズですので、音と作りは良いと思います。
・ホンジュラスマホガニーよりも硬質なアフリカンマホガニーをネック材に用いておりますので、メイプルとの相性は良いものと推察されます。
・本当に「モニタリングホールからダイレクトにプレイヤーへ音が届く」のか、私は疑問です。
・楽器店の紹介文を読んでいると、HEADWAYのHCモデルを「OMカッタウェイ」と呼称しておりますが、それは間違いです。OMよりも少し「ボディの幅」を広くしてあります。それにより、低音の厚さがかなり増しております。
・一方で、「ボディの厚さ」はほぼOMと同じですので、全体的な音のスッキリ感はOMと酷似していると感じられます。材の個体差に応じ、職人さんが微妙にボディの厚さを都度変えているため、カスタムシリーズとATBシリーズは「手作り感たっぷりの音」であると私は感じております。非常に真面目な職人さん達です。
・参考動画1:https://www.youtube.com/watch?v=cCELJqYjzCg
・参考動画2:https://www.youtube.com/watch?v=gq4G5P0Z-oo
・参考動画3:https://www.youtube.com/watch?v=wdDTBYpa328

アコースティックギターのサイドバック材は、やはり「マホガニーとローズウッドが王道」であります。あえてメイプルを選択された理由をおうかがいしたいところですが、「ルックス重視!」ということでありましたら、思い切って買っちゃった方がよろしいかと思います。それもモチベーションを維持継続させる重要な要素でありますゆえ。楽しいギターライフを!(* ^-^)ノ
 

質問:HC-SWINGの件

 投稿者:うくれれのんメール  投稿日:2016年 1月27日(水)01時00分35秒
返信・引用
  はじめまして。HC-SWINGについてカタログ情報以外で知っておくべき事、ギターの性格等教えてください。購入希望・・・検討中。Headwayについては全くの素人です。
宜しくお願いいたします。
 

Re: お譲りします

 投稿者:kiyoメール  投稿日:2016年 1月16日(土)09時19分59秒
返信・引用
  > No.3956[元記事へ]

こちらに掲示させていただきましたギターは
希望される方がいらっしゃいませんでしたので
楽器店へ持ち込みました。
管理人さま、ありがとうございました。
 

迎春!!

 投稿者:ころメール  投稿日:2016年 1月 1日(金)08時19分50秒
返信・引用
  皆様、明けましておめでとうございます。
当HPも早いもので17年目に突入しました。
今後ともよろしくお願いします。m(__)m
 

テンション

 投稿者:かつメール  投稿日:2015年12月26日(土)20時31分52秒
返信・引用 編集済
  こんにちは

コ○○○スの塗装はポリの上にラッカーだったんですねえ・・・
ある意味革新的なギター製作なのでしょうか?
コ○○○スもヘッドウェイも弦のテンションがきつく感じるのですが、その対処法を行っておられる方、教えていただけますか?
 

お譲りします

 投稿者:kiyoメール  投稿日:2015年11月26日(木)16時22分22秒
返信・引用
  管理者さまのご了解をいただきまして、こちらの参加者様で
ご興味がお有りでしたらメールをください。

1. D-Custom (初回ロットではありません2005/3/20製造です)
2. HN-25A

よろしくお願いします。
 

Re: ATB HD113DX ver2

 投稿者:kawauso170  投稿日:2015年11月11日(水)00時10分4秒
返信・引用
  G3様
そうですかぁ、百瀬さんと同じフロアで働いているお弟子さんだったら安心ですね。ウレタンの経年変化にも期待して弾き込みたいと思います。
貴重な情報ありがとうございましたm(_ _)
 

その一本!

 投稿者:けんケン  投稿日:2015年11月10日(火)23時51分2秒
返信・引用
  HD113DX Ver2 今最も欲しいアコギのひとつです。羨ましすぎます( ;´Д`)  

Re:ATB HD113DX ver2

 投稿者:G3  投稿日:2015年11月10日(火)13時18分40秒
返信・引用
  Kawauso170様

はじめまして。G3と申します。
HD113DX ver2、素晴らしい楽器だと思います。

「ATBシリーズ」は、百瀬さんと同じフロアで楽器を作っているお弟子さんが製造している楽器です。これを言うと百瀬ファンの方は怒るかも知れませんが、百瀬さんが製造する楽器と「大差ない」と私は感じております。ここまで百瀬さんの業を継承することができれば、本当に大したものだと思います。そのお弟子さんも、相当な才能を持っておられる方であると私は思っております。

私見ながら、ご質問に回答させて頂きます。

ウレタン塗装の楽器は、やはりウレタン塗装特有の「音のこもり」があります(僕はウレタン塗装の音、好きですけどね(笑))。しかし、経年変化により、そのウレタン臭さが徐々に解れて行き、ラッカー塗装の楽器と比べても遜色の無い音に変化して行きます。ましてや本件ギターについては「Thin Urethane」とのことですので、「ウレタン塗装特有の音のこもりは少なく」かつ「経年による変化も早い」であろうと推察されます。よって、ご心配されている「音」につきましては、「全く心配いらない」と私は思います。

強度の面に関しましても、「問題ない」と思います。薄かろうとウレタンですので、相当に温湿度の差が大きい部屋に放置しない限り、クラックが入ったりすることは無いと思います。

以上、ご参考まで。
 

Re: ATB HD113DX ver2

 投稿者:kawauso170メール  投稿日:2015年11月 9日(月)17時45分16秒
返信・引用
  やはり、ウレタンだったみたいですね。でも、塗装は薄くて耐久性も良いので納得です。店員さんのアフターフォローも素晴らしく誠意ある対応でした。さすが、ドルフィンギターズですね。アコースティック一筋のお店はあまりないし貴重なお店です。これからもお付き合いしたいと思いました。  

Re: お聞きしたいことがあります!

 投稿者:はなまる。  投稿日:2015年11月 7日(土)23時03分16秒
返信・引用
  ワカチコさんへのお返事です。

こんにちは。はじめまして。

私もアコギが欲しくなり、考えて選んだのが、HCF-20というひとつ前?のモデルです。
私も買う前は、近場の楽器店を廻って予算三万円に上限を設定して色んなメーカーのギターを試奏させてもらいました。
結果、Headwayの音が気に入り、キチンと調整して下さるお店(ネット通販ではありますが)で買いました。
初心者用に設定されている価格帯ですが、期待以上の音の良さで、満足しています。
むしろ、全く調整出来てない高価なギター、保管状態に疑問があるお店のギターよりも、弾きやすく心地よい響きがします。
既に購入されたかも知れませんが、まずは腕を磨く相棒として、私はおすすめできます。

会社の昼休憩に毎日10分ぐらい弾いてますが、同僚のギタリストたちに触らせても、皆が皆、弾きやすくていい音がすると驚いていますよ。

楽しみましょう♪


> 今私は高校1年生で、これからアコギを始めようと思っています!!それで、ネットで初心者にオススメのアコギメーカーを調べたところ、ヘッドウェイという名前があり、興味が湧いていろいろと調べてきました、私は比較的小ぶりなフォークタイプのアコギを探していて、ヘッドウェイでいうと、HF-25 です??
> そのHF-25はネットで見ると、2万円を切っていて、とても安かったです!海外で作っているというのはわかっています??
> 前に近所の楽器屋さんに行って相談したら、名前もあまりしられてなくて、2万円切るアコギは信用できないですし、第一、手に触れてないものを買うのはオススメしないと言われました。その楽器屋さんが勧めてきたのはモーリスです。そのギターもフォークタイプでとても弾きやすいんですが、
> どうしてもヘッドウェイのギターが気になって、ここに質問させてもらいます??
> ヘッドウェイのHF-25は良いのでしょうか?
> 音質や、弾き易さ。を教えて欲しいです??
 

ATB HD113DX ver2

 投稿者:kawauso170メール  投稿日:2015年11月 7日(土)18時01分40秒
返信・引用
  本日恵比寿のドルフィンギターでHD113DX ver2購入しました。アディロントップ、キューバンマホサイドバック、ホンマホ1ピースネック。申し分ない音でした。店員さんはオールラッカー塗装と言ってましたが、hpで調べたらthinウレタンってなってました。まぁ、ラッカー信仰ではないし、塗装が薄くて音がよければいいんですけどね。ご存知の方がいたら教えてください。よろしくお願いします。  

Re: 皆様にお願いです。

 投稿者:ころメール  投稿日:2015年10月30日(金)21時03分46秒
返信・引用 編集済
  > No.3948[元記事へ]

G3さんへのお返事です。

そうですね。個人的に非常にうれしい気持ちはありますし、既に71歳になられている百瀬さんには
遅すぎたとも思いますが、ご本人は表に出たがらない性格の方ですし、騒ぎ過ぎない様にお祝いしましょう(^^)

ああ、でも、うれしい。。。


G3さん、ご尽力、ありがとうございました。

 

皆様にお願いです。

 投稿者:G3  投稿日:2015年10月30日(金)16時37分45秒
返信・引用
  ころ様 ご報告頂きありがとうございます。
百瀬様 あらためまして、この度の受賞、誠におめでとうございます。

この場をお借りして、今回の受賞の概要を簡単にご説明させて頂くと共に、皆様にお願いがございます。

まず、今回の受賞は決して株式会社ディバイザーの販売促進などが目的ではなく、ころ様を始めとするHEADWAY Guitarのファンの皆様からの熱い声に、長野県が応えて下さった結果となっております。

現に私は、面前にて百瀬様から「結構です。技術者表彰なんて私には勿体無い。こうしてお客様から喜んで頂けるだけで、私は幸せです」と推薦自体をはっきりと断られております。

しかし、どうしても百瀬様に「名工」の称号を与えたかった私達は、百瀬様の意思に反し、長野県中小企業団体中央会に直接相談いたしました。そうしましたところ、「百瀬恭夫のことは良く知っている。こういった声が上がるのを心待ちにしていた!」という職員様がいらっしゃり、私達ファンと長野県中小企業団体中央会様から百瀬様を説得し、ようやっと推薦まで持ち込めた次第です。

ですので、今回の受賞は百瀬様とディバイザー様の意志ではなく、私達ファンの「わがまま」を押し通したかたちとなっております。無責任にも、私達は受賞が決まってただ喜んでおりますが、百瀬様ご本人は「こそばゆい」お気持ちでおられるはずです。

どうか大袈裟に囃し立てず、温かい心で、受賞のお祝いと百瀬様の益々のご健勝とご活躍を祈念して頂けると幸いです。この場をお借りして、皆様にお願い申し上げます。

G3@だいちょく
 

Re: 平成27年度 信州の名工に、百瀬さん選出!

 投稿者:ぺろ  投稿日:2015年10月29日(木)21時12分51秒
返信・引用
  ころさん、ありがとうございます。なんてうれしく誇らしいニュースでしょうか。
百瀬さん、おめでとうございます!!!!!
 

平成27年度 信州の名工に、百瀬さん選出!

 投稿者:ころメール  投稿日:2015年10月29日(木)15時57分40秒
返信・引用
  ディバイザーさんより、以下、ご連絡を頂きました!
百瀬さん、おめでとうございます(^o^)/

この度、有限会社飛鳥技術顧問・百瀬恭夫(ももせやすお)が平成27年度卓越技能者知事表彰(いわゆる「信州の名工」)の被表彰者として選出されましたことをご報告いたします。

百瀬は20歳よりギター制作の道に入り、今年で52年目を迎えます。
1977年、ヘッドウェイ株式会社の創立以来はアコースティックギター、エレキギター・ベース制作に携わり、これまで数千本のギターを手がけてまいりました。

また後進の育成、工場全体の生産効率の向上にも尽力し、百瀬の制作した治工具(ギター制作に際し使用する道具全般)は現在も弊社工場内の様々な場所で使用されています。
今回の受賞をより一層の技術向上のモチベーションとして、より良いギター作りに励んでまいります。

リリース全文は下記ページをご覧ください。
http://www.deviser.co.jp/node/756

長野県ウェブサイト・信州の名工
http://www.pref.nagano.lg.jp/jinzai/happyou/151029shinshuumeikou.html
 

ライダーRG800 ギター探しています。

 投稿者:おごぉ~メール  投稿日:2015年10月29日(木)15時47分48秒
返信・引用
  以前からずーっと探していますが中々見つからないですね…
主人に結婚のお祝いにプレゼントしたくて探しています。
何か情報等ご存知の方いらっしゃいませんか?
 

Re: キューバンマホガニー

 投稿者:はちみつメール  投稿日:2015年 6月19日(金)10時41分5秒
返信・引用
  Y.Zさま

ATB製のHN-613DXを所有している者です。

私の感覚で表現してみますと、キューバンマホの特徴は、明るく温かみがあって音量豊かなホンマホに、凄みの効いた暗めの低音と、高音のキラキラ感を加えたところにあります。ショップの方の「いいとこ取り」という表現は、そういうことでないかと思います。

単に希少なだけでなく、G3さんの仰るとおりの良材ですから、入手できる時に入手すべきギターでしょう。

店頭で2本試奏してみて低音の凄みのより強い方を選んだのですが、これが超アタリで、工場出荷直後だったにもかかわらず爆音で、かつ、全域バランスの優れた個体でした。

自分は指弾き中心でコードストロークに関してはわからないのですが、キューバンマホは、よく鳴るホンマホと同じようにサスティーンと倍音の豊かさが楽しめます一方で、要所で確実にミュートする技術がシビアに要求されるギターのように思います。

なお、私はHN-GTという、HN-613DXと全く同サイズの、マダガスカルローズをサイドとバックに使ったカスタムモデルも偏愛しておりまして、これら2本を持ち比べてみると、なんと、キューバンマホのHN-613DXのほうが重たいんです。

キューバンマホは質量があるだけでなくとても硬質な材なので、もしオールキューバンマホのギターを作ったとしても、全然鳴らないんじゃないかと想像しています。

また、音に関しては、トップ材やネック材との相性や、スキャロップの深さなど製作上の味付けが極めてシビアに反映する、結構難しい材のような気がしますね。

でも、材のマッチングや選定も含めて百瀬さんに完全にお任せするのが間違いないことは、もうご存じの通りです。

じっくり検討されて、最良のキューバンマホギターを手に入れられることをお祈りしています。
 

Re:キューバンマホガニー

 投稿者:G3  投稿日:2015年 6月17日(水)21時13分48秒
返信・引用
  Y.Z様

「HD-180ノンスキャロップVer」と「HD-703キューバンマホガニーVer」の2本を所有しております。

私なりの感想を述べさせて頂きます。

私は「ローズとホンマホの良いとこどり」とは思いません。
「分かりやすいマホガニーの音」であります。

メイプルみたいにサスティーンがフッと消える印象は無く、「ほわんほわん」とした柔らかい余韻がしっかりと残ります。マホガニーの音の特徴として多く表現されている「明るく温かみのある音」という言葉どおりの音です。「ホンジュラス・マホガニーよりは柔らかいが、ハワイアン・コアほど力が抜けておらず、サペリほど薄味ではない」そんな印象です。すみません分かり辛いですかね(笑)。

キューバン・マホガニーの特徴を活かすためには、やはりアディロントップが王道とは思いましたが、それは私の好みではないため、シトカトップであるHD-703をベースとし、私はオーダーをかけさせて頂きました。

狙いどおり、パチッと音が締まりました。シトカの鋭い光線のあとを追って、キューバンマホガニーの柔らかくフワフワとした余韻がGN粒子のように散布されます(すみませんガンダムネタです)。最初からかなり「ヴィンテージ感のある音」と表現できると思います。ATBシリーズとして販売されたサーモウッドモデル、あるいはヤマハのAREシリーズにも類似した独特の「音抜けの良さ」が感じられます。また前述のとおりハワイアン・コアほど力が抜けておらず、サペリほど薄味ではないため、一定の緊張感を持って走り続けることが出来ます。コードストローク、フラットピッキング、フィンガーピッキング、どれを弾いても違和や飽きを感じることなく弾き続けることができる味わい深い音です。確かに良材であると思われます。

以上、ご参考まで。
 

キューバンマホガニー

 投稿者:Y.Z  投稿日:2015年 6月17日(水)20時13分58秒
返信・引用
  初めまして。
最近 ヘッドウェイより幻のマホガニーであるキューバンマホガニー180  000 ニューヨークカーなど立て続けで出ておりますが 音はどのような音なのでしょうか?

ショップの店員に聞く限り ローズ ホンマホの良いとこどりで 新品でも戦前マーチンになりうるギターと聞きましが今一ピンと来なくて  購入者のレビューも 見付けれない為 質問させて頂きます。

コードストロークでも 大丈夫でしょうか?

実際 注文しても 来年になるみたいな為 じっくり研究しようと思ってます。

それにしても 幻の材料が現在 弾けるかもしれないとは!
ヘッドウェイ 凄いですね。

長文 失礼しました。
 

Re: HC-530 CUSTOM

 投稿者:G3  投稿日:2015年 6月 5日(金)08時34分9秒
返信・引用
  pakuさんへのお返事です。


>どうしてモデルチェンジしたのでしょうかね。

単に「価格改定に伴い」が主たる目的であったと思われます。
現にHC530とHC501に大きな仕様変更はありません。


>音もすごく気に入っているので

HC、とても良いですよね。私も2台持ってます。
HFやHOと比べ、若干ボディが幅広になっているため、
フィンガーのみならず弾き語りもマッチするオールマイティー選手です。

お互い、大切にしていきましょう。
 

Re: HC-530 CUSTOM

 投稿者:paku  投稿日:2015年 6月 4日(木)13時34分42秒
返信・引用
  > No.3928[元記事へ]

G3さんへのお返事です。

G3さん
台数が少ないんですか。いいギターだと思いますがどうしてモデルチェンジしたのでしょうかね。音もすごく気に入っているので大切にしたいと思います。
ありがとうございました。

> pakuさんへのお返事です。
>
> HC-530の生産台数は極めて少ないと思われます。2006年12月から生産が開始され、翌2007年8月にはHC-501にモデルチェンジしているためです。おそらく20台~30台ではないかと。。。
>
> 製造元のHPにPDFが貼り付けてありましたので添付致します。
> http://momoseguitar.com/Acoustic%20guitar%20specifications/hc_530.pdf
>
> 以上、ご参考まで。
>
>
 

Re: HC-530 CUSTOM

 投稿者:G3  投稿日:2015年 6月 3日(水)16時50分53秒
返信・引用
  > No.3927[元記事へ]

pakuさんへのお返事です。

HC-530の生産台数は極めて少ないと思われます。2006年12月から生産が開始され、翌2007年8月にはHC-501にモデルチェンジしているためです。おそらく20台~30台ではないかと。。。

製造元のHPにPDFが貼り付けてありましたので添付致します。
http://momoseguitar.com/Acoustic%20guitar%20specifications/hc_530.pdf

以上、ご参考まで。

 

HC-530 CUSTOM

 投稿者:paku  投稿日:2015年 5月28日(木)21時08分49秒
返信・引用
  初めまして。
ギターを始めて間もないですがHeadwayのカッタウェイが欲しくて探していたら偶然巡り会い購入しました。
2007年のもので百瀬さんの制作したカスタムオーダーのギターらしいです(サインがありました)
HC-530CUSTOMについて知りたいのですが検索してもヒットしません。
530はあまり出回っていないのでしょうか?
 

Re: お意見お願いします

 投稿者:TAKE  投稿日:2015年 5月 6日(水)09時43分0秒
返信・引用
  > No.3925[元記事へ]

kazuさんへのお返事です。

その頃に東京営業所で働いてましたが、D-76のコピーは作っていません。
シリアルの打ち方も違うので、たぶん他の会社でしょう。


> 初めまして わたくしヘッドウエイ 大好きの おじさんです 34年ほど前に買った HD-110を大事に愛用しています
> お意見をお願いしたいのは 5年ほど前に手にいれたマーティンD-76のコピーモデルについてです
> メーカーを特定するようなラベルや表示がないので確認は出来ませんが 作りが大変ヘッドウエイに似ています
> 前オーナーの話しでは 1980年前後の物ではないだろうか との事でした  ヘッドウエイと考える理由の1つにトラスロッド周りの作りがHD-110とまったく同じだからです ちなみにシリアルは7.7.000110です
> 以前デバイザーの古くからいらっしゃる職人の方に写真で見てもらいましたが 良く似ているが 資料がないので
> 断言はできないと言われました  ただもし作つていたとしたら多分カスタム品だろうと
> オール単板の3ピースバック 音の方はHDー110よりいい音しています あいにくただ今 ブリッジが剥がれてリペア中です
> 何か情報をお持ちでしたらよろしくお願いします
 

お意見お願いします

 投稿者:kazu  投稿日:2015年 4月10日(金)00時44分45秒
返信・引用
  初めまして わたくしヘッドウエイ 大好きの おじさんです 34年ほど前に買った HD-110を大事に愛用しています
お意見をお願いしたいのは 5年ほど前に手にいれたマーティンD-76のコピーモデルについてです
メーカーを特定するようなラベルや表示がないので確認は出来ませんが 作りが大変ヘッドウエイに似ています
前オーナーの話しでは 1980年前後の物ではないだろうか との事でした  ヘッドウエイと考える理由の1つにトラスロッド周りの作りがHD-110とまったく同じだからです ちなみにシリアルは7.7.000110です
以前デバイザーの古くからいらっしゃる職人の方に写真で見てもらいましたが 良く似ているが 資料がないので
断言はできないと言われました  ただもし作つていたとしたら多分カスタム品だろうと
オール単板の3ピースバック 音の方はHDー110よりいい音しています あいにくただ今 ブリッジが剥がれてリペア中です
何か情報をお持ちでしたらよろしくお願いします
 

Re: お聞きしたいことがあります!

 投稿者:シンジ  投稿日:2015年 3月 3日(火)10時01分50秒
返信・引用
  > No.3923[元記事へ]

ワカチコさんへのお返事です。

はじめまして、ワカチコさん。

私は、ギターを弾き始めたのが中学3年で、それから42年も経っちゃった者で、
ヘッドウェイのギターは、好きなギターの上位に置いています。

本来、私は基本的には、初心者であろうが上級者であろうが、20万円前後以上
のギターをそれなりの理由から勧めます。
しかし、現実には予算やその他の理由から、そうはいかないこともありますよね。

前置きが長くなりました。

さて、HF-25についてですが、親戚の14歳の女の子に頼まれて、ギターの
購入につきあったことがあり、試奏しました。
このギターは、基本的な構造や機能をちゃんと備えており、もともと安価なギター
を拒絶していた私も驚くほど、ギターとして違和感のない音質や鳴り方をしていました。
また、弾きやすさについても、ネックとナット&サドルについてバランスよく調整して
もらうと、なかなかのものになります。

私個人の考えですが、国内メーカーのギター(製造は海外であっても)であれば、
ワカチコさんのように「気になる」とか、「いい感じ」とか、自分のフィーリングに
合ったものを選んでみても、大きな失敗はないと思います。
 

お聞きしたいことがあります!

 投稿者:ワカチコ  投稿日:2015年 3月 2日(月)22時45分55秒
返信・引用
  今私は高校1年生で、これからアコギを始めようと思っています!!それで、ネットで初心者にオススメのアコギメーカーを調べたところ、ヘッドウェイという名前があり、興味が湧いていろいろと調べてきました、私は比較的小ぶりなフォークタイプのアコギを探していて、ヘッドウェイでいうと、HF-25 です??
そのHF-25はネットで見ると、2万円を切っていて、とても安かったです!海外で作っているというのはわかっています??
前に近所の楽器屋さんに行って相談したら、名前もあまりしられてなくて、2万円切るアコギは信用できないですし、第一、手に触れてないものを買うのはオススメしないと言われました。その楽器屋さんが勧めてきたのはモーリスです。そのギターもフォークタイプでとても弾きやすいんですが、
どうしてもヘッドウェイのギターが気になって、ここに質問させてもらいます??
ヘッドウェイのHF-25は良いのでしょうか?
音質や、弾き易さ。を教えて欲しいです??
 

Re: はじめまして

 投稿者:ころメール  投稿日:2015年 2月14日(土)23時38分18秒
返信・引用
  > No.3920[元記事へ]

けんケンさんへのお返事です。

初めまして、けんケンさん

このギターは弾いたことがないですが、斬新なデザインですね~。
ATBシリーズは弾きやすいですし、完成度の高い音がするという印象ですが、
けんケンさんの感想を読むと、弾いてみたくなるギターですね!
ご購入、おめでとうございます!

YouTubeも楽しみにお待ちしております。
 

Re: ご無沙汰しておりました。

 投稿者:ころメール  投稿日:2015年 2月14日(土)23時35分24秒
返信・引用
  > No.3919[元記事へ]

ごんべいさんへのお返事です。

ごんべいさん、大変、ご無沙汰です(笑)
こちらのサイトもぼちぼちやっています。時代はどんどん変わり、HP形式から
ブログ~SNSなどへ中心は変わっていますね。
掲示板が主流の時代が懐かしいですね~。

仕事のほうも多忙となりなかなかオフ会などにも参加できていないのが現状なんですよ!(^。^)

 

はじめまして

 投稿者:けんケン  投稿日:2015年 2月12日(木)05時13分6秒
返信・引用
  はじめまして。ヘッドウェイのギターを購入したことがきっかけで、こちらのサイトを発見し書き込ませて頂きましたm(__)m

先日、Headway ATB hc-soloistの新品を購入しました。

元々エレキ一本(+アコギ少々)だったのですが、知人の紹介がきっかけでウクレレを触りはじめ、そこからアコースティックな響きに感化され、やはりギター小僧としてはカッコいいソロギターをアコギで奏でたいと考え、ソロ弾きにピッタリでストロークプレイも対応できる1本、且つアンプにも繋げるものは無いものかと色々調査。

候補に上がったのは、製品コンセプトとデザインが好みのsoloistと同じATBのstudioⅡでしたが、studioⅡはどこにも在庫がなく、受注生産のみで納品が初夏!になるとのこと。
しかし、soloistもネット上の情報も韓国の楽器店の方と思われる試奏動画のみで近所の楽器店にも皆無(動画の音質は録音状態のせいか?残念ながら、実際のsoloistより相当硬いトーンになっています。)。

実は、過去にMartinのクラプトンOOOを所持していたのですが、腕が未熟というかアコギというものがまるで分かってなかったことと、新品のせいか高音域の音抜けのイマイチさ、OOOとはいえストローク音がさっぱりで手放してしまった苦い思い出もあり一旦はドレッドノートタイプに心を動かされましたが、なんとなくというか、soloistを手に入れた方が良いと直感的に思ったため、試奏もせず(笑)ヤフオクで新品をゲットしました。

結果は最高でした。
ネックはソロ向けで若干幅広ですが、フィンガーピッキングでジャカジャカと弾いても音がまとまって歯切れよく響き、アルペジオやソロ弾きもとても綺麗に鳴ってくれます。
一番おおっ!となったのは、全弦12フレットのハーモニクスを鳴らした時の音の伸び。
音が一旦減退した後にもう一度「フオォ~ン」と美しく伸びてくれる鳴りの良さにはとても感動しました。
チューニングも完璧だし、headwayのギターって凄いんだなと感心しています(^^)

個体Noは585でしたが、所有者の方がとても少ないせいか情報が全然無いことが寂しいので、ブログかYouTubeにでも動画やレビューをいずれ載せるかもしれません(´・ω・`;)

また、こちらのサイトの情報も参考にさせて頂きます(^^ゞ


http://www.deviser-headway.com/aska-team-build/hc-soloist/

 

ご無沙汰しておりました。

 投稿者:ごんべい  投稿日:2015年 1月24日(土)01時13分14秒
返信・引用 編集済
  ころさん、お元気ですか。

私は何とか日々毎日を過ごしながら
明日を迎えてます。
初めて、ヘッドウェイのオフ会に参加したのが
私は2005年?・埼玉・蔵だったでせうか?
ここの掲示板をいつも見てて
色々な方のハンドルネームを記憶しました。
オフ会に参加して、HNと本名のアンバランス??w
楽しかった記憶で覚えてます。
私の最近は、ギター全体のオフ会など出かけはしません
どちらかと言えば。飲み会のギター好き会参加です。
昔の話ですけど
ウインドウズ98が出回った頃でしょうか?
パソコン上で盛り上げるギター談義
ここでも(笑)色々な方々が居りまして
そりゃ~色々と、アップやダウンで盛り上がっておりました。(笑)
現在は、あれから10数年~は経ちました。
あの頃の掲示板参加の方々は、今はどうされてるのか?
近況の話など・・もちろん入りません。
ギターを持ってるのか・・・とか?
ギターを弾いているのか・・・とか?
ギターを処分されてしまったとか・・・・とか?
ギター談義どころの話ではない方も居るのかも判りません。
ここのヘッドウェイのオフ会に参加して
私は楽しかった想い出は今でも忘れてはいませんし
あの頃の、笑顔で過ごした方々の顔の表情はたまに・出て参ります。ww
盛大にまた・・オフなんて考えますけど
あの頃の時間は・・・あの頃。
このHPが現在も存在してる事に感謝しており
今後、もしかして
もう私は書き込みは無いかも判りませんけど
ヘッドウェイのギターは私は大好きです。
お宝画像には一度も参加はしませんでしたが
所有してる
HD-80(何度もリペアだして最高に今でも響いてブレルことなく物作りされたギター)
HD-115DX・2003LTD(管理人さんが所有してる次のロッドナンバー)
HF-415W(セカンド・オーナー。塗装をはがして白塗りに復活したギター)
HN-25A(ARIMAX所有で~私のところにセカンド・オーナー)
他にも。ww

まだまだ元気な私。

これからはライブでこれらのギターを思い切り弾いて
笑顔でヘッドウェイの音を伝えてゆきます。

今後も、
このHPが誰からも愛されるように
心から願い
これからの私の生涯現役がより生えるように
頑張ります。

ヘッドウェイのギター好きの皆様

「Headway Guitar最高!」



PS. 昔のどなたか出てこんかな(笑)










 

Re: 明けましておめでとうございます。

 投稿者:ころメール  投稿日:2015年 1月 9日(金)21時19分56秒
返信・引用
  > No.3917[元記事へ]

kuga753さんへのお返事です。

明けましておめでとうございます!

冬場になると、ギターも乾燥に要注意ですね。この季節、なるべく加湿器などを
使って、部屋のコンディションを保ちたいと思うのですが、昼間は会社に行っているので
なかなかできないですね。マホネックはやはり乾燥期には反りやすいので、チェックも
必要ですね。

自分自身、最近は肌が乾燥に弱くなっているのを感じます。色々と手入れが必要ですね(>_<)
 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:kuga753メール  投稿日:2015年 1月 1日(木)17時02分33秒
返信・引用
  ころさん、みなさん、新年明けましておめでとうございます。
2015年も皆様にとって良い年になりますように。

ここ山梨は凄く乾燥しています。
私、手先特に親指と人差し指なんですが、すごく皮が硬くなって切れる→血が出る、になっています。凄く痛い!!(足のカカトも・・・なんです!)

いままでこんな事なかったんですが、今年で51才になり老化による乾燥肌ですかねー。
それとも栄養不足?いやー過食してるし(笑)

ギターはカットバンが邪魔で、さらに痛い(再出血!!)しちゃうこともありますが弾いてますョー。
ユースキンや尿素入り軟膏塗って夜は手袋してます。
2週間で皮膚は入れ替わるらしんですがナカナカです。
みなさんも、指のお手入れ気を付けてくださいね。
 

Re: ハードケースに入れる?

 投稿者:martindaisuki  投稿日:2014年10月11日(土)12時42分46秒
返信・引用
  martindaisukiさんへのお返事です。
ありがとうございます。
外でみられないなら、個体特有の原因なんでしょうね。安心してメーカーで、再塗装します。(^^ゞ
> ころさんへのお返事です。
>
> > MARTINDAISUKIさんへのお返事です。
> >
> > 白濁の原因がどうかについては、私からはなんとも言えませんね。。。
> > Headwayではあまり聞いたことがない症状ではありますが。
> >
> > 複合原因によるものなのかもしれないですね・・・
 

Re: ハードケースに入れる?

 投稿者:martindaisuki  投稿日:2014年10月11日(土)12時40分35秒
返信・引用
  ころさんへのお返事です。

> MARTINDAISUKIさんへのお返事です。
>
> 白濁の原因がどうかについては、私からはなんとも言えませんね。。。
> Headwayではあまり聞いたことがない症状ではありますが。
>
> 複合原因によるものなのかもしれないですね・・・
 

Re: ハードケースに入れる?

 投稿者:ころメール  投稿日:2014年 9月30日(火)22時59分13秒
返信・引用
  > No.3913[元記事へ]

MARTINDAISUKIさんへのお返事です。

白濁の原因がどうかについては、私からはなんとも言えませんね。。。
Headwayではあまり聞いたことがない症状ではありますが。

複合原因によるものなのかもしれないですね・・・
 

Re: ハードケースに入れる?

 投稿者:MARTINDAISUKI  投稿日:2014年 9月15日(月)06時35分3秒
返信・引用
  > No.3812[元記事へ]

MARTINDAISUKIさんへのお返事です。


自分にお返事変ですね。
このように書き込んでいましたが、HD-115SP君のヘッドに短い筋状の白濁かな?という
模様が出てきちゃいました。発生は2011年ころ。このギターは2008年秋から2009年んかけて作られており、私は2009年1月に中古でかいました。2008年後半の製造ですね。
最初は、2mmから4mm位のが5-6本できていて、年々幅が広がり、数も3倍くらいになっています。 書き込んだような管理状態なので湿気の影響はないかな?
ボデイはなんともなさそうです。
ヘッドもマダガスカルのはずだから、材料と塗料の相性とは思いにくいのですが、部分によって
塗装違うのかな??
友人の持ってるSPも同じ症状でてるので、同じロットの人出てくるかもですよ。
2012年の大阪ギターメッセで2本ともHEADWAYブースに持っていき見てもらいましたが、「再塗装が必要です」って! 「ファーストオーナーなら無料ですが、セカンドオーナーは有料になりますねー。」とのことでしたのでもって帰ってきました。
もうちょっとひどくなったら再塗装に出そうかなー??と思っていますがもひとつすっきりしませんね。
ジャパンビンテージにつき物の白濁という書き込みをよく見かけますが、今回のはなんかの管理ミスちゃうの? それともHEADWAYはこのリスク覚悟いるのでしょうか?
再塗装しても、原因がはっきりしてなければまた出るのかなと思うとためらいます。
メーカーよりリペアショップの方が安心でしょうか??



> さっちもさんへのお返事です。
>
>
> ハードケースに関するあれこれ
> 今までに見聞きしたことお役に立てばとおもいます
>
> 今までに見たことがあるトラブル
>   1.ニスが溶けて、内張りが張り付いたー当然ギター側にダメージあります
>   2.カビのにおいぷんぷんするケース
>   3.外側の埃にカビが発生しているケース
>
> ハードケースに関する気遣い
>   1.購入時、新品、中古関係なく外側をきれいに湿った布などで拭きます。
>     (結構新品もよごれていますよ)
>   2.晴れた日:ケース内側の布表面を固く絞った雑巾でさっと拭きます
>          その後、ケースをあけ、一時間くらい日に当てます
>          (案外、鳥の糞の被害ありますから要注意ですが!)
>   3.その後、4月、10月にはやはりギターを出して陰干しします
>
>   1.2.3で、かび臭さ、張り付き事故はこの10年いちどもありません
>
> ギターを出しとくのか?
>
>   1.出しておいたほうが良いと思うのですが、奥さんの掃除機攻撃から隔離されている必要
>     ありますね。 掃除のときはたんなる障害物ですから、倒れる危険や、掃除機の先が
>     あたる危険がありますよ
>   2.M社のメンテナンスマニュアルには、こう書いてあります
>     ①ギターは急激な温度、湿度の変化を嫌いますから、弾かないときはできるだけ
>      ケースに入れて保管してください
>     ②寒い室外から暖かい部屋に入ったときは、すぐにケースを開けず、20分から30分
>      室温になじませてから取り出してください。急激な温度変化は、ニスのクラッキングを
>      起こします。(ギターの内部まで水分がつくことの懸念ありますので私は、なじませた後
>      ギターケースのふたを少し開けてさらに10分待ってから出しています)
>     ③ギター内部にに直接除湿財を入れることはやめてください。割れの元仁になります。
>      ケースに除湿財をいれる時はギターに直接触れないようにしてください。
>      また乾燥しすぎに注意してください。
>
> 以上に気を使っていますと、今まで一度も、張り付き、クラッキング、割れ、白濁には見舞われておりません。 複数所有していますのでメンテノートで、最低3ヶ月一回はギターを取り出して弾かないときは、空気に触れさせています。極力その際に弾くようにしています。
>
>   梅雨時は、ハードケースに入れています。 クーラーで除湿した部屋で「陰干し」みたいに
>   することもあります。
>
>   ご参考になりましたら幸いです。
>
> > ころさんへのお返事です。
> >
> > アドバイス感謝します。
> > 書き込んでからいくつかのサイトを巡ったのですが、某国内ギターメーカーにはハードケースは移動用で保管用ではないか入れるなと書いてあり、某大手楽器店には湿度が60%以上ならハードケースに入れろと書いてあって、どうにも両極端で驚いてます。
> > とりあえず70%はまずいようなので、ハードケースに入れようとは思うのですが、ケース内の布地って1日のうち22時間はギターに接触しているだけにラッカー塗装に対するダメージが気になるのですが、ギター用のケースだと大丈夫なんでしょうか。
 

HF426 ショップカスタム

 投稿者:kiyochan  投稿日:2014年 7月19日(土)19時46分50秒
返信・引用
  すみません。途中でした。安定感はHEADWAYがいちばんです。季節的な変化がなくて3~4か月弦を交換しなくても全然大丈夫です。ただGOTOHのペグを一度交換(510のオープンタイプに)しました。(ペグが固くなりチューニングしづらかったので。)でもまた固くなってます。
その他気になるところはありません。長時間弾いていてもチューニングが狂わないのは凄いと思います。
とても気に入っているギターです。
いつか画像をアップしたいと思います。
 

HF426 ショップカスタム

 投稿者:kiyochan  投稿日:2014年 7月19日(土)19時32分2秒
返信・引用
  2005年製のショップカスタムです。以前一度投稿しましたがその後の変化をお伝えします。
00028のヴィンテージ風ですがノンスキャロップでブラックピックガード・ヘッドプレート艶消し・大きめのボリュートの素敵なギターです。MARTIN 00042SQ(イングルマンスプルース)、CAT’S EYES CE2000Sと一緒に楽しんでいます。それぞれすばらしいギターだと思っていますが、安定感はHEADWAYが
 

ありがとうございました

 投稿者:かずとも  投稿日:2014年 5月 5日(月)14時38分17秒
返信・引用
  >ころさま
お返事ありがとうございます。
そうなんですね、それでシリアルがダブっている時があるんですね。
レギュラーモデルと云えども、材料や工法に全く手抜きがないのがHeadwayらしいところですね。
基準のレベルが高いんでしょう。
音色もドストライクなので、これから大事にしたいと思います。
一応、メーカーにも問合せ中ですが、
連休明けに回答があると思うので、またご報告させていただきます。
ありがとうございました。
 

Re: HMD3届きました

 投稿者:ころメール  投稿日:2014年 5月 4日(日)12時05分27秒
返信・引用
  > No.3899[元記事へ]

シンジさんへのお返事です。

HMD3、いいですね!うらやましいです!
僕は40肩の時、左右を順番にやられまして、通算3年ぐらい肩が痛かったです。
その時はいつになったら直るのだろうと暗い気持ちでした(笑)

今はすっかり直りました!
 

レンタル掲示板
/25