teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


思い出の「花火大会」

 投稿者:物好きな暇人  投稿日:2017年 7月26日(水)10時17分29秒
   花火大会の季節になりました。山上から写した
花火の写真を選んでみます:
 ・一枚目:京見のとんがり山から写した姫路港の
     花火。尺玉は150メートルは上がると言います
     から、カメラの目線の高さです。
 ・二枚目:檀特山上から写した姫路港の花火。写真の
     下に京見山上を走る高圧線が写っています。
 ・三枚目:檀特山上から「網干川祭り」の花火を写し
     ました。背景に工場の夜景と海から見物する
     遊覧船が写っています。左下は山電網干駅前
     辺りです。
 
 

思い出の体操

 投稿者:早朝組員  投稿日:2017年 7月19日(水)09時15分42秒
   先に、榎本さんを偲ぶ思いと写真をこの場に載せました。
数人の方から「以前は揃って体操をしていたのですね!」
との言葉を掛けて頂きました。
 写真が沢山あります。幾つか選んでみます:
・一枚目:清々しい朝。こういう時は本当に気持ちが
 好いですね。(H21.5.29)
・二枚目:躍動感溢れる体操。この写真、どこかの美術展に
 出品すると入選するかも(?)。(H25.2.8)
・三枚目:この写真は神戸新聞の「読者の報道写真コンテスト」に
 入賞し、紙面を飾りました。(H20.11.20)
 

梅雨空の檀特山中

 投稿者:檀特山を愛する会員  投稿日:2017年 7月11日(火)15時32分38秒
  ①.周回路上、前夜来の雨水を集めた小さな流れでモンキアゲハが
 吸水していました。
②.梅雨といえばモジズリ(捩花)。いつものところに咲いていました。
 野草といえど蘭。除草剤や濃い肥料に遭うと当分、見られなくなります。
③.ヒオウギアヤメの群落。墓に備えたものが野草化して拡がったものでしょう。
 この花、近寄って見ると意外に奇麗です。
 

(無題)

 投稿者:つばき  投稿日:2017年 7月 8日(土)21時46分3秒
  茜さすゆり一輪を花筒にきみに捧げむ永遠の命を  

今月の定例山行き

 投稿者:檀特会員の一人  投稿日:2017年 7月 4日(火)13時26分50秒
編集済
   今週土曜は苫編山→鬢櫛山ハイク。試しに地理院の地図で標高差を調べて
みました。
・登山口→下山口までの延べ標高差=452m。(先月の大峰山とほぼ同じ)
・籾取山:取付き→ピーク=107m、
・苫編山:取付き→ピーク= 93m。

 TVである登山ガイドが言っていました。高齢登山者が安全に山登りを
楽しむ為には;
 ・上りはダブルストックを使い、
 ・下りは競歩のルールで歩を進めなさい、
転落、滑落などの登山事故は下山時に起こり、遠因はその人の膝の疲労に
ある、当人は気づかないが、
と。

 念のため、檀特山での下山時に自分の「歩」を確かめてみました。少し速足で
進むと、両足が瞬間的に浮いている⇒前足に[進む速さv]+[重力の加速度g]
の衝撃が掛かっている、ことが自覚できます。前足に100%の体重をかけて後足を
抜く、のには慣れが必要ですね。若い人にはこんな心配は無用でしょうが・・・。
 

有り難うございました。

 投稿者:つばき  投稿日:2017年 7月 2日(日)16時06分11秒
  うつせみの声が聴きたきもう一度ブルーハーブの音色はとおく
 (ブルーハーブ)はハモニカのことです。夫の遺品です。
 

榎本さん、有難う

 投稿者:早朝組員a  投稿日:2017年 7月 1日(土)21時12分6秒
   つばきさんの投稿。愛しき君を亡くした想い、切々と伝わる歌です。
想いを歌に託すなど、才ある人ならではですね。

 (代わって当方は違う形である方を追悼します)
 体力維持に加えて認知症の予防にもなるというラジオ体操。毎朝、檀特
山上で、多いときは17~8人がラジカセの音に合わせて体を動かします。
 十数年前、檀特山上に森澤・初代檀特会長をはじめ皆さんが集まって
いる時。「折角だから皆でラジオ体操をしよう」と、榎本さんがラジカセを
持ち込んで始まったのが早朝組のラジオ体操。(と、聞いています)
 その榎本さん。今年3月に、持病でご自宅で静かに次の世に旅立たれた、
と聞きました。通り一遍の「ご冥福」ではなく僕は「ご一緒できて楽し
かった、あなたを忘れない、有難う!」と言いたい。
 僕の写真ファイルの中から「榎本さんの思い出」を3枚、ここに添付し、
諸兄と一緒に貴方の在りし日を偲びたい。
 ・一枚目:山頂でのラジオ体操(前方・中央)(H19.8.13)
 ・二枚目:「青春18キップ」の旅で行った尾道で。尾道→(遊覧船)→
鞆の浦は榎本さん推奨の旅でした。(H21.9.6)
 ・三枚目:朝日山でのお月見(H21.10.3)(勿論、檀特山上でもやりました)

 榎本さん、貴男にはいろんなことにお誘い頂き、僕の定年後の生活を彩り
豊かにしてくれました。本当にありがとう!!!
 

(無題)

 投稿者:つばき  投稿日:2017年 6月30日(金)21時41分2秒
  骨を抱き君が残り香さがしてる糸引くような水無月のあめ  

蝶の生態・三体

 投稿者:檀特山を愛する会員a  投稿日:2017年 6月29日(木)10時38分20秒
編集済
   鬱陶しい毎日。翌朝の天気予報が雨模様だと、
「目覚まし」を遅らせ、早朝登山はサボリ。

 今日は、過去の写真から“変わったもの”を
選んでみます。(いずれも檀特山で写したもの)
 ・一枚目:「蟻君、君も飛ぶの?」(未知との遭遇とでも言いますか)
 ・二枚目:まさに危機一髪。この蝶は逃げましたが、
 ・三枚目:こういう結果も待っています。


 
 

今月の蝶3種

 投稿者:檀特山を愛する会員a  投稿日:2017年 6月26日(月)11時10分35秒
   (この欄が寂しいので)今月に檀特山で撮った
蝶の写真を三枚。
・一枚目:モンキアゲハ(白い紋ですが、黒い翅の中にあるので
     黄色く見えるのですかね?・・・名の由来)
・二枚目:ヒメジョオンの花に止まるベニシジミ。
・三枚目:キチョウ。翅が黄色いので、黒い背景で目立ちます。
 

檀特山・季節の三題

 投稿者:檀特山を愛する会員a  投稿日:2017年 6月15日(木)10時07分36秒
編集済
   山で熊に遭わない為には・・・。鈴2個でも襲われたという。
ラジカゼをガンガン鳴らしながら山に入る?・・・。

 昨日、カメラを持って大谷口を散策しました。一輪車に水を
入れたペットボトルを満載した人と挨拶。菜園を持つ人は大変
ですね。
 ・墓地にはヒメジョオンの花が真っ盛り。この奥の方に「K坂家
の墓」と書かれたお墓がありました。(一枚目)
 ・しばらく行くと、いつものところにヘビイチゴが。(二枚目)
田植え時期ですね。ただ、食べられる野イチゴを見たことがあり
ません。
 ・そしていつものところに、これまたウラナミアカシジミが。
(三枚目) この蝶、県のレッドデータブック(絶滅危惧種)に
指定されています。

 
 

熊情報(氷ノ山)

 投稿者:山好き  投稿日:2017年 6月12日(月)10時21分13秒
  6/10 横行渓谷で熊に遭遇しました。
近隣での熊情報も アチコチから届き怖い思いをしているところですが
山歩き大好きの皆さん 山中は勿論ですが 林道歩きにも十分気をつけてください。
 

ササユリの咲く高御位山に

 投稿者:権兵衛  投稿日:2017年 6月 7日(水)20時51分14秒
  高御位山にササユリ鑑賞に出かけました。
ピークは過ぎたようですがそれでも結構咲いていましたよ。

http://gonbee165.blog.fc2.com/

 

夏の虫

 投稿者:早朝組員  投稿日:2017年 6月 7日(水)13時25分20秒
   檀特山でも夏の虫が見られるようになりました。
 写真一枚目は昨日、撮りました。巣作りに忙しそう。
二枚目は昨年の6月に撮った脱皮直後のヤブキリです。

 ここ下太田墓地近辺は格好の観察場所。体操の後(6時頃)、
ここを通ると、朝の陽光を浴びながら脱皮する昆虫(セミ等)を
見ることができます。
 

赤花のホウノキ

 投稿者:権兵衛  投稿日:2017年 6月 4日(日)12時33分47秒
  東山の珍しい赤花のホウノキです。
今が見頃でツボミも多くもう少し楽しめそうです。

http://gonbee165.blog.fc2.com/

 

ラジオ体操の勧め

 投稿者:早朝組員a  投稿日:2017年 6月 3日(土)16時10分31秒
編集済
   今日の新聞(夕刊)の記事です。
 「体操をする」と言っても「音楽に合わせて」だ
そうです。

 この三重大医学部・レポートは言っています:
「ラジオ体操」は
 ・認知症の予防に効果がある、だけではなく、
 ・認知症を発症した人にも効果がある、と。
 知らず知らずに忍び寄る認知症。毎日、毎日、
ラジオ体操を続ければ続ける間、認知症のお世話?
にならずに過ごせるのかも知れません。
 僕にもすでに忍び寄っている?。さぁ、明日からも
頑張ろう。
 

麦秋

 投稿者:早朝組員a  投稿日:2017年 5月29日(月)09時51分8秒
編集済
   竹秋が終わり麦秋の候となりました。
 山頂から魚吹神社方向を見ると、畳を敷いた
ような黄色い畑が見えます。(1枚目:昨日の
6:00撮影)
 今朝、同じ時刻にそこに行ってみました。(2、3枚目)
 地元の原料を、として龍野の揖保乃糸や醤油に使われる
のでしょうか。

 なお、明日(5.30)からは5:30に体操が始まります。
(組長)
 

武庫川渓谷

 投稿者:会員a  投稿日:2017年 5月27日(土)10時06分43秒
   来月の定例山行きは「武庫川渓谷→大峰山」。
例の国土地理院の地図で標高を調べてみました。
(添付)
 ・生瀬の川床=54m
  ・桜の園入口近辺の川床=110m
 この間の渓谷の落差は僅か56mです。
 桜の園入口辺りの標高=120~30mとすると、大峰山まで
420~30mの登りですね。



 

ヤマシャクヤク三種

 投稿者:山草が好きな会員  投稿日:2017年 5月23日(火)09時15分2秒
編集済
   ヤマシャクヤク(白い花)に、ベニバナ(紅花)があるとは聞いていました
が、最近、このベニバナに白花型と紅花型があることを知りました。
 ・一枚目:ヤマシャクヤク
 ・二枚目:ベニバナヤマシャクヤクの白花型(奥に見えるのが紅花型の蕾)
 ・三枚目:ベニバナヤマシャクヤクの紅花型
  一枚目=いわゆるヤマシャクは20年ほど前にタキイから買ったもので、
種が落ちては芽を出し、今日まで生き続けています。
 二、三枚目は、2年前、波賀・道の駅で鉢植えのベニバナヤマシャクヤク(2株)
を買い、今年、夫々が咲いたもの。
 一枚目(ヤマシャク)の開花は4月19日。この頃、ベニバナはやっと芽が伸び始め、
 二枚目の開花日は5月13日、三枚目の開花日は5月20日。二枚目はベニバナのはず
(蕾は薄紅色だった)が、咲くと花びらは白色に。
調べて分かりました:ベニバナヤマシャクに白花型と紅花型があることを。
◆ヤマシャクとベニバナの違いは:
①.開花時期が略1ヶ月違う(ヤマシャクが早い)
②.ヤマシャクの花はこんもり繁った葉っぱの間に咲き、ベニバナは花茎がスクッと
高く伸びて咲く(伸びやかで形が好い)
③.雌しべの形・・・ヤマシャクの雌しべはずんぐりむっくり、ベニバナのそれは
先端がねじ曲がっている。
◆ベニバナの白花型と紅花型とは:
 ①.花びらの色が違う、
 ②.開花時期・・・白花型が方が1週間早い、
  全体の姿形と雌しべの形は同じ。

 道の駅で買った鉢植えが、図らずも白花形と紅花型だった。
それにしてもベニバナヤマシャクヤクは優雅、山草中で随一か。
他に例えようがない美しさだ。
 

赤坂山

 投稿者:権兵衛  投稿日:2017年 5月16日(火)15時14分22秒
  土曜日は雨のため山行きは中止、日曜は晴れマークで!
これは行かねばと出かけました。
登山道にはオオイワカガミの群落が続き、オオバキスミレ、それにカタクリが残っていました。

http://gonbee165.blog.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/47